スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはナニする?

From:山川晃弘


今日からほとんどの人が
待ちに待ったGW(ゴールデンウィーク)。

なので、本日は難しい話は無しにして、
のんびり世間話的な感覚で執筆。


2016年の今年は3日~5日の祝日が
平日のど真ん中に来ているので、
2日と6日月金に有給などを入れるなどして、
多い人で最大10連休になるのではないだろうか?

あいにく、『そんなの関係ねぇ』みたいな、
暦通りの出勤の人や、もともと不定期な人は、
却って中途半端な感じかもしれないが。


あなたはこの連休中にイベントや
どこか旅行などの予定はあるだろうか?

ちなみに連休初日の関東圏の天気はめでたく晴れ。
(ほんとはちょっと雲が出てるけど)

気候もほんとに穏やかになってきており、
ここ最近は暑いくらいに温かく感じて、
衣替えも一気に進み、
下手に気を抜くと薄着してしまって、
体調を崩してしまいそうだ。

だが地域によっては、
特に、今朝見たニュースでは北海道は
寒波の影響で雪のところもあるみたいだ。

北海道に旅行に行く場合は要注意かな。


そして、GWと言えば、
昔よく経験したのが、
夏のお盆の時期と年末年始に必ず恒例となる
帰省ラッシュによる高速の渋滞。

僕も昔は結構休みになると
車で高速に乗って遠出旅行していたので、
渋滞は何度も経験しているが、
何度経験しても気持ちの良いものではない。

特に今の自分の状況が
色々と動き回って忙しい時期なので、

高速道路に乗って時間をお金で買っているのに、
渋滞に巻き込まれて、結局、
一般道と変わらない時間になってしまうと考えると、
憤りする感じる。

まあ、仕方のないことなのだが。


興味ないかもしれないが、
僕のGWの予定は、まあ、当初の予定通り
仕事漬けになりそう。

連休明けにコピーの〆切が控えているし、
今月の上旬に実家に帰省もしているので、
一カ月も経たずに帰省する予定はない。
(まあ、あえて外したのだが)

仕事柄、平日はある程度、
予定を調整できるので、
遠出するにも何も一番混んでそうな時期を
選ぶ理由もないしね。

それでも、2~3日くらいは、
羽伸ばしの予定を入れられた。

一つは実家の方から昔の職場の友人が
こちらに遊びに来ることになっており、

もう一つは、つい昨日だが、
こちらの仕事関係の人から
自宅でのBBQパーティーに招待してもらえた。


職種が変わって、
自宅で1人で仕事をするようになって以来、
人と接している時間が減ったのは事実。

そういった自分を見直せる時間が増えたからこそ、
ここ最近は、こういった人との繋がりが
とても大切に思えるようになった。

家族も友人も自分にとって掛け替えのない人だ
という実感が持てるようになった。

当たり前からありがとうに気付かされた。


あなたもこの連休中に、
大切な人と旅行したり、
アクティビティしたり、交流したりして、
是非とも、もっと親交を深めてほしい。

2016年のGWの思い出が、
あなたにとって掛け替えのないものに
なりますように。

それでは、よい連休を。



≪感動する成果を実現するパートナー≫

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

スポンサーサイト

人は何でできている?

先日、参加したセミナーで
この話題が出て、
これまた心に印象として残ったので、
今日はその話をしたいと思う。

突然だが、質問。
人は何でできていると思う?
何で形成されていると思う?

細胞とか水分とか、
そんな物質的な意味ではないよ。

優しさ?悪意?
良いね。そんな感じだ。

とまあ、
特に引っ張るつもりはないので、
さらっと答えを言うと、

その講師の方が言うには、
人間は「言葉」でできている、そうだ。

どういうことかというと、
人間は言葉によって文化を学ぶ。

例えば、アメリカ人とアメリカ人の間に
生まれた子はもちろんアメリカ人だが、
生まれた時から日本にいて、
日本語しか学ばなければ、
その子は日本人として形成される。

逆に日本人同士の間に生まれた子でも、
アメリカで英語圏で色々と学んできたならば、
人間性(性格)も文化もアメリカ人になるはずだ。

そういう運命になっている。

それくらい言葉というのは、強い。


マザーテレサの名言の一つに、以下のものがある。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

思考から始まり、それが運命にまで繋がるという。

上記の例がまさにそうではないだろうか?

その中で言葉というのは、
行動のきっかけになると言っている。

以前の記事でも述べたと思うが、
まずは発言することで行動を起こせるようになる。

マザーテレサも言っている。
考えるだけではダメで、
それを言葉として表さなければ行動しないのだ。


ただ、何でも良いから言葉に表せば、
行動できるようになるのかと言えば、
もちろん、そんな訳ない。

例えば、
いつもやろうやろうとは思っているけど、
結局やれなくて、
「明日から頑張る!」と声に出したところで
多分、一生やることはないだろう。

具体性がないからだ。

明日から頑張ると発言するならば、
何をどうするのか、いつまでにするのか、などを
もっと明確にする必要がある。

それを日記に書いたりして、
言葉を文字として残しておくと
とても効果的だろう。


要は何が言いたかったかというと、
マザーテレサも言っている通り、
ただ考えるだけでは行動は起こせないということ。

行動を習慣化して、
習慣が性格になり、それが運命となっていくまでは
さすがに途方もない時間が掛かるが、

思考して、言葉にして、行動するのは、
すぐにでも実行可能だ。

その行動した結果が正しいものであったならば、
それを習慣化すれば、
いずれそれが自分の運命として辿りつく。

あなたも何か行動を起こしたい、
習慣化したいものがある、
と思っている(思考している)のならば、
まずは言葉にしてみてはどうだろうか?


≪感動する成果を実現するパートナー≫

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

失敗しちゃった、、、

From:山川晃弘


今日は仕事の中で、ついやってしまった失敗談。

そんなもの読んでも楽しくないと思うけど、
今日は半分、自分への戒めとして、
今後、同じ失敗をしないように記事に残しておこうと思う。


久々に反省しなければならない失敗をしてしまった。

先日、とある紹介から
コピーライティングの依頼を引き受け、
新しいクライアントとの初Skypeミーティングを実施した。

そこで、ライティングする内容の詳細を
ヒアリングしたのだが、
常に心掛けていたことなのに、
久々なのもあって、あるミスをしてしまったのである。

そのミスでミーティング中に
クライアントを直接怒らせたわけではないが、
もしかしたら、内心、呆れられてしまったかもしれない。

自分でも、質問した後に「まずい」と思ったが、
案の定、ミーティング終了後に
仲介を担当してくれた
ディレクション担当にしっかり指摘され、
言い返す言葉もなかった。

…一切、言い訳をせず謝罪した。


とまあ、長々と前置きを書いてしまったのだが、
一体全体、何をやらかしてしまったのかというと、、、

事前にクライアントのことをHPなどで
きちんと調査(リサーチ)していなかったということ。

ディレクションの方の情報を頼りに
自分が仕事で使っているヒアリングシートを準備して、
それでヒアリング準備完了という体制にしてしまっていた。

ここ最近は、同じクライアントからの依頼で、
クライアントの情報はすでに知っていたため、
久しぶりの新規の依頼で、そのことを失念してしまっていた。

どうせ、ヒアリングで仕事の詳細を聴くのだから、
その時にまとめてしまった方が効率的なのでは?
と思うかもしれないが、クライアントだって決して暇ではない。

事前にクライアントのことを可能な限り調べておき、
ヒアリングシートでわかる項目を事前に埋めておけば、
ヒアリングするときに無駄な質問をしなくて済むし、
聞きたい内容を深堀することもできる。

普通に社内の会議だってそうではないだろうか?

事前に会議の議題について資料をもらっておき、
どういう内容を議題にして、
どんな終着点にもっていきたいのかという
主旨が分かっている方が、結果的に
時間も効率も成果も良いに決まっている。


どんな内容でボロを出してしまったかは、
さすがにコンプライアンスの都合上言えないけど、
普通にHPに書いてある内容だ。

失礼なのもあるかもしれないが、
それ以上に、この仕事に興味がないのでは?
と思われたかもしれないことが、
個人的には大失敗したと感じた。


ちょっと前の記事から、
人との繋がりがとても大事と言っておきながら、
その行動は、全くもって反映されておらず、
人に興味を示していない対応だった。

人に興味を示さない人間が、
どうして文章で人に行動してもらおうと
都合の良いことを考えてしまうのか。


あなたも、
普段から心掛けなければいけないことを
手順から忘れてしまってはいないだろうか?

気付かずにそれを実施してしまい、
見えないところで相手に不快な思いを
させてはいないだろうか?

僕のような失敗をしないように、
慣れていることでも、
今一度、確認した方が良いと思うよ。


山川晃弘

『ありがとう』の反対語を知っていますか?

From:山川晃弘


普段何気なく使っている言葉。
感謝を表す言葉。
『ありがとう。』

この言葉の反対の言葉をご存じだろうか?

ちなみに『ごめんなさい』とか、
中傷や批判する言葉などと言った、
概念的な意味じゃないよ。

確か、前にFacebookの動画のシェアで回ってきた
内容だったと思うが、
その時にとても印象に残ったのだ。


まず、
『ありがとう』というのは、
『有難う』という漢字で表される。

あるということがむずかしい、と言う意味だ。

なので反対語は
あることがやさしい、
存在することが簡単という意味になる。

特に存在していても、別段、気にならないということ。

そう、
『ありがとう』の反対語は『当たり前』。

そこにあるのが『当たり前』なので、
特別、感謝という感情が起こらないのだ。

空気があるのが『当たり前』
息をするのが『当たり前』
食べることが『当たり前』
家があるのが『当たり前』
家族がいることが『当たり前』
生きていることが『当たり前』


2016年の4月14日から始まった
九州の熊本県で断続的に起きている
震度6強を越える直下型の大地震。

そんな『当たり前』の生活をしていた人が、
たった数日で『当たり前』の生活ではなくなった。

住んでいた自分の家が倒壊してしまったり、
もしくは倒壊の恐れがあるため、
住めなくなってしまった。

電気・ガス・水道などのライフラインが止まり、
避難所に移動したが、食べ物がないため、
支給を待つようになってしまった。

中には、地震による倒壊や火事などで、
家族を失ってしまった人もいるだろう。

失ってから気付く、
『当たり前』だった存在が、
とても『ありがたい』存在であったことに。

僕もこれまで、
ずっと家族がいる状態で生活をしていたので、
自分の仕事が変わって、
今の暮らしをするようになってから、
そのことに気が付いた。

ずっと、いるのが『当たり前』の生活をしていたので、
感謝の気持ちに気付かず、離れるようになって
ようやく、一緒にいてくれた家族に『ありがとう』と。


あなたも普段『当たり前』に思っている、
自分の身の回りのことを
改めて見返してみてはどうだろうか?

あなたの生活を豊かにしてくれている、
感謝しなければいけない内容のはずなのに、
それが『当たり前』になりすぎて、
それを失ってしまったときのことを
想像できるだろうか?

常に色々なものに感謝し続けろと言っているわけではないが、
今、存在している『当たり前』のことに
もう少し気に留めてほしい。

そうすれば、
あなたは、とても優しい人間になれる。


熊本県で被災した人たちもいれば、
それを救う人たちも必ず存在する。

現地の人たちにとって、そういった人たちは
この上なく『ありがたい』存在だと思うが、
TVやニュースでしか見ることができない
僕からも、一言言わせてもらいたい。

『ありがとう』と。


山川晃弘

好奇心の代償

From:山川晃弘

自宅兼オフィスにて、、、


今朝見ていたニュースから話題。

あなたも過去に何度か、
いや、もしかしたら今でも毎日、
知らない宛先からの迷惑メールが来ることはないだろうか?

全然知らない宛先からのメールを
間違えて開いてしまい、
中に書いてある内容にびっくりしたり、
あまりにアホな内容が書いてあって笑えるやつだ。

その内容は、
出会い系だったり、稼げます系だったり、
個人情報の流出の危険があるから
お金を振り込め、だの色々だ。

彼らは言葉巧みに相手を誘い込み、
ターゲットから個人情報を聞き出したり、
指定のサイトにアクセスさせてお金を得ようとしている。

ただ普通に考えれば、ほとんどの人は
内容が突飛過ぎて騙されることはないのだが、

中には数十万分の一といった確率で、
こういった詐欺のようなメールに反応してしまって、
実際にお金を失っているケースがあるのだ。

向こうからすれば、数十万分の一でも良いから、
反応が出れば、お金になってしまうから。。。


ちなみに一日でどれくらいの
迷惑メールが全世界で飛び回っているか、
あなたはご存じだろうか?

なんと、その数、8億8000万通/1日。

およそ9億通のメールが
毎日世界中で飛び回っているとのこと。

これは、全メールのなんと54%にもあたり、
迷惑メールの方が全体の半分以上を上回っている状態だ。

まあ、実際に考えてみるとそうかもしれない。

メールは基本無料で、
不特定多数の人に同じメールをいっぺんに送れるので、
種類で言えば、微々たるものかもしれないが、
送信数で言えば一つの内容で
何通も送信できる電子メールは、
とても便利なツールとなるわけだ。


僕らも顧客や見込み客との関係構築にメルマガを使う。

別に売り込みたいからと言う理由ではなく、
以前の記事からも散々述べてきているのだが、
メルマガは顧客との関係構築が目的だ。

顧客は会社にとっての資産なので、
普段から関係を構築しておくのは当然の義務なのだ。

そういう意味では、メールと言うのは、
とても役に立つツールなのだが、
迷惑メールの存在のせいで、
メール自体に悪い印象を持っている人も少なくない。

実際に、開封率なども悪くなってしまうので、
本人以外にも真面目に使っている人達にも
十分に迷惑行為だ。

しかも、言葉巧みにという点が、
個人的にはとても許せない。

僕はこれでも
セールスコピーライターの端くれなので、
こういった詐欺的なことで
人の感情を揺さぶって、お金をむしり取ろうとする
行為に苛立ちを覚える。

言葉を巧みに使って良いのは、
その商品やサービスの価値を正しく顧客に伝える時のみ、
だと思っている。


ここからは迷惑メールの対処法。

当たり前のことなのだが、
知らない宛先からメールが来たら、
基本はそのメールを開封しないこと。

ちなみに間違えて開いてしまって、
中でお金の振り込みがどうのこうの書いてあったとしても、
実際に勝手に引き落とされたりはしない。

逆にそのメールの内容に反応してしまうと、
相手の思うつぼなので、とにかく無視するのが一番だ。

あなたも迷惑メールにはくれぐれも気を付けて欲しい。


山川晃弘

変わり始めた自分

From:山川晃弘

愛知の実家にて、、、


現在、Facebook上でも告知しているのだが、
仕事とは違う理由で、
実家である愛知に帰省している。

せっかくの帰省する機会と言うことで、
家族の集まりだけでなく、
こちらの仲の良い友人や
昔の会社の同僚などと会う機会を設けていたのだが、
そこでよく言わるた言葉がある。

「・・・少し、変わったね。」

何が変わったかというと、
特に僕の家族が一番実感しているらしいのだが、
性格が少し穏やかになったとのこと。

以前は、仕事や会社の対人関係によるストレスのためか、
少し攻撃的な発言や態度などの
言動が目立つところがあったらしい。

それが、会話の節々や何気ない接し方一つとっても
相当、穏やかな対応になったらしい。

言われてみると、自分でも少し実感がないわけでない。
以前ならば、こんなことがあれば、
何かしら不機嫌になっていたような気がしていたが、
それが無くなっているのだ。

今は、起業している身で大変なことばかりではあるが、
常に一緒に仕事をしている会社での仕事仲間はいない。

そういう意味では対人関係で
ストレスと言うのは、皆無と言っても良い状態だ。

もちろん、ストレスが全くないわけではない。
やはり自分の事業に対する不安や焦りのようなものはある。

とはいえ、事今の仕事に関していえば、
責任は全部自分なので、何か腹立つことがあれば、
それは自分が悪いということ。
他人に対して、愚痴を言うなどお門違いもいいところだ。

また、その他の要因としては、
環境が変わり、仕事が変わり、
その影響で人付き合いが変わったというのもあるかもしれない。

別に、家族や実家周りの友人や会社の同僚との関係が
自分に悪影響を与えているというわけでない。

でも、付き合う人によって、
その人と特に一緒にいる時間が長くなると、
それらの人の影響を受けやすいというのはあると思う。

例えば、いつも会社に対して怒っている、
社会に対して怒っている、マナーの悪いやつを見ると、
腹が立つ、、、

今の現代からすれば、何の不思議もないが、
周りにこのようなネガティブな発言をする人がいると、
自分の思想がそちらに共感するような形になって、
結果的に態度となって表れてくる。

しかも、これは自分では全く気付けないことだろう。

逆に、いつもポジティブな発言をする人、
家族の為に頑張りたい、自分を高めるために勉強したい、
人に役立つことに貢献したい、、、

こういう人が周りにいると、
自分もやはりこれらの考えに影響されるようになり、
穏やかで優しい対応になっていくのではないだろうか?


周りの人から見て、僕の性格が変わって、
今の性格がとても穏やかになったというのであれば、
それはやはり環境と今を取り巻く人たちの影響が大きいと思う。

それは、自分にとって、
とても良い人たちとの出会いを経験できたということだし、
自分の中で何かが変わり始めているのかもしれない。


あなたも、今のストレスに耐えられない状態にあったり、
周りとの関係が険悪になっているようで、
そんな自分を変えたいと思っていれるのならば、

少しだけ、違う環境に身を置いてみる機会を
設けてみてはどうだろうか?

何かの活動に参加するとか、
ジムやフィットネスをやってみる、
何か習い事を始めてみる、、、など。

そこで誰かしらと素晴らしい出会いがあって、
その人と仲良くなり、その人の思想に触れていると、
それだけで自ずとあなたは変われるはずだ。


山川晃弘


PS
僕を変えてくれた今の環境と、
昔から支えてくれる友人や同僚に深く感謝、、、m(_ _)m

成功への鍵

From:山川晃弘


今日は久しぶりに真面目な話。

先日、あるセミナーに参加したときのこと。

そのセミナーでは、行動を起こせない人が
実際にどうやったら行動できるのか、
その行動計画を立ててみよう、
といった内容のセミナーだった。

本日は、その情報のシェアをしようかと。


まず、海外の研究で
1000人の事業の成功者を対象にした調査で、
成功する要因は何のかを見つけ出す、
ある共通点を探ったところ、
成功者は2つの要素を持っていたという。

それは、
『行動を起こすための積極性』と『稼ぐためのスキル』。

どちらも当然と言えば当然なのだが、
その中で特に重要なのは、どっちかという話になった。


あなたはどちらが重要だと思った?

よくセミナーや勉強会などで教えているのは、
後者の稼ぐためのスキルではないだろうか?

なので、スキルの方が重要だろう、
と思った人もいると思う。

でも実際には、
マインド(積極性)の方がはるかに大事で、
比率的にも8:2の割合で重要だという。

僕はこういったマインド系のセミナーによく参加するので、
マインドがいかに重要かわかっているし、
むしろ教えている立場なので、この比率でも全く不思議はなかった。

とにかく、
稼ぐスキルをいくら勉強したところで、
行動に移せなければ何の意味もないのだ。

だが、行動を起こす積極性さえあれば、
例えスキルが少しおぼつかなかったとしても、
その時に勉強すれば、覚えた内容を
すぐにアウトプットできて、とてもスピーディだし、
何よりもチャンスに出会う機会が多い。


そして、さらに事業を成功に導くには
モチベーションというのも重要と言う話になった。

モチベーションには、大きく分けて3種類ある。

一つは『恐怖』からくるモチベーション。

締切という概念や、
子供が明日までに宿題をやらないと先生に怒られる、
営業マンが契約目標を達成しないとクビになるかもしれない、
といった切羽詰まった状態でやるときのモチベーションだ。

考えなくてもわかると思うが、この状態は長続きしない。
しかも、言われたことの最低限の行動しかしないので、
成長する兆しがないのだ。

二つ目は『報酬』によるモチベーション。

何かを達成したら褒美がもらえるというもの。
これは一見、良さそうに見える。

だが、実際にはこれも短期的な見方で、
目標達成の度に報酬をもらっていると、

人間は欲深いもので、同じ物や金額では、
それがだんだん慣れてきて、報酬が吊り上がらないと
モチベーションが上がらなくなってくる。
とても非効率で壁にぶち当たったら終了である。

そして、三つめは『使命感』によるモチベショーン。

例えば、ディズニーランドなどで言えば、
全てのゲストにハピネスと笑顔を提供したいといったもの。

上記の2つと違い、
この三つ目は外部的な要因から影響されるモチベーションではなく、
内部からの湧き上がるモチベショーンなのがわかるだろうか?

これこそが、常に持たなければならないモチベーションだ。


こういった経営理念を抱えている会社は
自分のためではなく、
他人のために頑張れるので、
単発的なものでなく、ずっとモチベーションをキープできる。

誰かのために、今の事業や仕事をする、
こういったモチベーションをもっていて、
それが社員も含めて、みんなに共有が出来ていれば、
必ず成功すると言っても過言ではないのかもしれない。

つまり、成功したいのならば、積極的に行動を起こし、
思考を自分のためではなく、
人を救いたい、満足してほしいといった
自分の内面から湧き出る要因で仕事をするのが、
成功への鍵なのだ。


山川晃弘

ちょっと早いけど、この季節

From:山川晃弘


先日、Facebookでもすでに投稿しているが、
この時期の定番と言っても良い、
桜の花見をしてきた。

今年は例年よりも1週間ほど早い。

いつもなら、学生の入学式あたりで
桜が咲いているのだが、
どうやら今年は、桜が歓迎したのは
新社会人の方だったらしい。

この早咲きは、今年の暖冬も理由にあったのかもしれないが、
ここ最近はホントに一気に暖かくなったように感じた。

ただ、週末の連休は関東地方は
2日とも残念ながら天候は曇り。

日中帯に雨が降らなかっただけマシだったが、
桜がちょうど満開だった関係もあり、
ちょっと残念ではあった。


ちなみにあなたは花見と言ったら、
どこを思い浮かべるだろう?

僕は出身が愛知の人間なので、
関東地区の花見は初めてだったのだが、
やはりニュースでも連日騒がれていた
上野公園が頭に浮かび、
友人と一緒に行った次第である。

まあ、上野公園自体が大々的に
桜まつりとして催していたのもあるだろう。


会場は予想通りと言うか、
昼過ぎくらいに行ったのだが、
JR上野駅の改札辺りですでに
入退場の規制が掛かっている状態だった。

公園の場所は目の前なので、
駅の辺りから混んでいても不思議はないのだが、
それにしても、なかなか凄い数だった。

幸い、花見中も
ぎゅうぎゅうのすし詰め状態ではなかったのだが、
買い食いしようとしていた屋台などの列は
案の定、長蛇の列で、
例え、食べたいものだけ並んでいたとしても、
それだけで疲れそうな感じがした。

まあ、ちょうどお昼時間帯だったというのも
要因かもしれないが。

とはいえ、
ほとんどの桜がちょうど8分咲きから満開状態の見ごろ。

当日の風もあまり無く、前日の雨にもかかわらず、
桜の花びらはほとんど落ちてはいなかったので、
ホントに見ごろの時に来たのだろうと思った。

不忍池に続く桜並木もキレイで、
両桜の下では、恒例の何時間も場所取りをしたと思われる人たちが
楽しそうに花見をしながら、食事をしていた。

不忍池周りに咲く桜も素晴らしく、
遠目から見る桜と池と都会の高層ビルのコラボは
今まであまり見ない光景だったので、
何とも鮮烈な感覚だった。

よくTVでは外国人観光客やマナーの悪い花見客が
桜の枝を掴んだり、木に登ったりしているところを
見たりしたが、別段、そんなことをしている様子も
あまり見受けられなかった。


他には上野からの帰り道に浜松町に行って、
東京タワーの近くにある芝公園の桜も
見に行ってきた。

大々的に桜祭りをやっているわけではなかったので、
屋台などもほとんど出ておらず、
上野比べるととても閑静な雰囲気だったが、

それでも桜が並んでいるところで、
花見客が皆、それぞれ場所を確保して
花見を楽しんでいた。


あなたの今年の花見はどうだっただろうか?

僕は毎年この一週間しかない貴重な時間を
とても楽しみにしている。

何と言うか、
普段はあまり花に興味のある人間ではないのだけれど、
桜を見ていると、
何だか新しいことや新しい出会いが始まりそうな予感がして、
とても元気付けられるからだ。


山川晃弘

まだ慌てる必要はないと思うよ、これ↓

From:山川晃弘


今日から新年度のスタートだ。

新卒にとっては今日が入社式というのも
多いことだろう。

是非、若い力で社会に貢献し、
もっと日本を良くしてほしいと思う。


そして、年度が変わると何だかもう
毎年の行事のようにニュースで報じられるのが、
各種の値上げ情報だ。

今年は目立ったもので言うと、
まずディズニーランドのワンデイパスポート。

4月からまた500円値上げらしく、
すでに7000円を超える状態になってしまった。
ディズニーは2015年4月でも値上げしているので、
2年連続の値上がりとなった。

また、食品では不動の人気を誇る
「ガリガリ君」も値上げになった。

こちらもアイスの方ではなく、
アイス棒の木の輸入の関係で値上がりするらしいのだが、

昔は50円で買えた商品だったのに、
今は一本、70円という形になってしまった。

子供たちの少ないお小遣いで買える
大好きな人気商品のお菓子が、
値上がりしてしまうのは、
とても気の毒だ。

首都高の料金も値上がりするらしい。

流通の料金が上がると、運送コストが上がってしまうので、
物価の上昇になってしまうという懸念が心配されている。


そして、今年の一番の話題は何と言っても、
「電力の自由化」だろう。

以前の記事でも、電力自由化についてのテーマで
書かせてもらったが、
今は価格.comのような比較サイトで、
自分の環境からどの電力会社がお得かを調べることができる。

新規で参入してくる会社がとても多いので、
色々と惑わされるかもしれないが、
特に慌てて調べる必要はないかもしれない。

まだ、参入準備段階になっているところもあるし、
携帯電話などの契約と同じで、
2年縛りなどのプランに申し込んでしまうと、
その前に解約などをすれば、違約金が発生するケースも出てしまうからだ。

とはいえ、変えないというのはもったいないので、
今日はTVで見た、簡単にあなたはプランを変えた方が良いのか
どうかがわかる指標をシェアしようと思う。

まずは、手元の電気料金明細を見てほしい。

そこの基本料金の下に
電気量料金として、
1段料金、2段料金、3段料金
といった形で記してあると思う。

これは、電気の使用量に応じて、
次の段階の料金体制に移行していき、
金額が増えていくというシステムだ。

なので、1人暮らしで電気使用量が少ない人は
1段料金で止まっていることも多い。

簡単に結論を言うと、電気料金だけ見れば、

1段料金の人はプラン変更すると損
2段料金の人はプラン変更してもあまり変わらない
3段料金の人はプラン変更した方が絶対得

という状態になっている。

これを目安に検討し、もう少し様子を見たり、
特典などを調べてみたりして、
自分にあった料金プランを決めてほしいと思う。


山川晃弘


PS
新年度から少し仕事が忙しくなるので、
ブログの更新頻度を週2回程度に変更します。
メルマガ登録
集客の役立つ情報を無料で提供するメルマガ講読は ※こちら※ から
プロフィール

Author:山川晃弘
集客代行コンサルタント
セールスライター

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。