スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが行動に移せない理由

From:山川晃弘


今日は、
先日また受けてきたコピーライティングのセミナーで
マインドの重要性を再度、講師の方に説いてもらったので、
その内容をシェアしようと思う。

このブログの記事で、幾度に渡って伝えてきているが、
とにかく何事をするにも、
スキル(最低限は必要だが)よりも、
まずはマインドが大事だというのが、
僕の信条であり、そして真実だと思っている。

今回伝えたい内容は2つあるが、まずは一つ目。

「人が行動できない理由」。

これも散々伝えたような気がするが、
別の言葉で表現してみようと思う。

まず、頭に思い浮かんだことは、
それを行動に移さない限り、
絶対に結果となって現れることはない。

なので、何も得ることができない。

では、どうすれば行動に移せるかと言うと、
簡単に言えば、頭に思い浮かんだ(思考)が
行動に移せるレベルの内容であればよい。

例えば、ダイエットして痩せたいと思ったから、
明日から毎日1時間ジョギングをしようと
考えたとする。

行動には移せるが、結果となって現れるには、
マザーテレサの言葉で言うと、
「行動」の次にある、これが「習慣」にならないと意味はない。

今まで運動をあまりしなかった人であれば、
初日ですら行動に移せるのか怪しいが、
それでも、もって三日坊主となるのが関の山ではないだろうか?

つまり、行動に移せるレベルが高すぎで、
結局、行動できなくなるのだ。

じゃあ、どうすれば良いかと言うと、
一回にできるレベルを自分が簡単に
習慣化できそうなレベルまで、一旦、落とし込むこと。

一日5分、家の中でストレッチならどうだろう?
これなら続きそうな気がする。

この行動が習慣化すれば、次のステップとして、
15分くらいやってみるという案が生まれ、
次の行動が見えてくるのだ。

ちなみに上記の例程度なら、良く色々な記事で耳にする。
『もう言われなくてもわかってるよ!』となると思うので、
わかりやすく、違う言葉で伝えたいと思う。

つまり、人が行動できない理由は、

「効率の良い(間違ったことをやりたくない)ことを
やろうと考えるから行動(習慣化)できない」

のである。

こう言われると、思い当たるのではないだろうか?

一日5分ストレッチしたところで、
ダイエットに効率的とは言えない。
だから、1時間位ジョギングした方が効率が良いと考えるが、
結局やらなくなるので、行動も結果もついてこなくなるのだ。

結論としては、行動に移したいことがあるなら、
効率を考えるのではなく、
全力で今やれる続けそうなことを考えよう。


だいぶ片方が長くなってしまったが、
冒頭でも述べたように、二つ目の内容。

こっちは多少、
はしょっても意味は伝わると思うので、
サクッと伝えることにする。

みんなが知りたいと思っている、
「1番儲かる方法」だ。

それは何かというと、実はもの凄く簡単なことで、
「他者を儲からせることを1番に考える」ということ。

コピーライティングのセミナーなので、
クライアントとのやり取りの際に言われたことだから、
ちょっと消費者取引(B2C)主流の人では
ピンと来ないかもしれないが、
それでもまったく企業間取引(B2B)がないというのは少ないだろう。

別に「儲かる」ではなく、
金銭的でない「利益」でも良い。


ここまで読んでくれたあなたなら、
どちらも心に留めておいて、損はない内容だと思う。

少なくとも僕は、
どちらもすでにわかっていると思っている内容だが、
改めて言われる、または違う言語で表現化されると
その度に、ここに書いて落とし込むようにしている。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

スポンサーサイト

本当の幸せとは、、、

From:山川晃弘


昨日、最近、交流会でお知り合いになった
女優の小山田モナさんという方のお誘いで、

その方自身が、
監督・製作・主演の自主製作映画
『風待ちの島』の上映会に参加してきた。

3つも同時にやられるのは、業界の中では異例らしい。
それくらい小山田さんのこの映画に掛ける
熱意が伝わってくる作品だ。


映画の内容は40歳を過ぎた独身の女性主人公が
日々の代り映えのない、ただ生きているだけの生活の中で
本当の幸せを見つけれられず、

自分を変えたいと思い、
最近よく見るようになった夢(前世の記憶)を頼りに、
夢に出てきた島である島根県の隠岐島という所を舞台に
自分探しの旅に出るという内容だ。

この作品は製作者ご自身のご年齢もあってか、
最近、よくある邦人映画とは違い、
キャストは一般に比べると年齢層が上である。

だからこそ、この年代特有の悩みや
本当の幸せとは何か?というのを教えてくれる
年代が近い僕にとっては、とても共感できる内容になっていた。

途中から自主製作という偏見のような概念は無くなり、
完全に魅入っている自分がいて、
ストーリーも面白くカメラアングルや演技などに違和感はなかった。


この作品は自主製作ということで、
あまり予算は掛けられなかったと舞台挨拶で伺っており、
出演の方もほとんどノーギャラ、

つまりボランティアに近い状態で、
小山田さんの熱い情熱に共感してくれた方々が
無料で出演・協力してくれたとのことらしい。

中には本物の舞台俳優さんや
先輩である本物の役者さんも参加されていた。

音響についても、有名な音響監督をされている方が
映画の内容を見て、共感してくださり、
これまた無料で編集してくれたみたいで、

作中に流れる音楽や効果音なども
絶妙な状態で作品を盛り上げていた。

結論としては、
一般公開してもまったく差し支えがないほど
完成度も高く、面白いものだったと思う。


内容を事細かには説明はできないが、
この映画を通して、
小山田さんが伝えたかったことは、

「どんな年齢や境遇であっても、
自分を信じて夢を諦めないで追い続ければ
きっと幸せは手に入る。」

ということではないだろうか?

僕が作中で一番心に残った台詞がある。
それは、、、

「失敗して、たくさん恥かいて、苦しんで、
そうして泣きながらも手に入れたものが本当の幸せなんだよ!」

一言一句、一緒ではないと思うが、
この言葉は妙に今の自分に言われているみたいで、
とても心に突き刺さった。

小山田さんもご自身の経験や境遇を重ねて、
それを通して、僕らにこの言葉を
伝えてくれたのではないかだろうか・・・。


僕はあまり映画を頻繁に見に行く人ではない。

まあ、理由は映画が嫌いとかそういう意味ではなく、
長時間同じ体勢でいる(座っている)ことが
つらいからというのが本音だったりするのだが…(^^;

映画の中にはエンタメを伝え、
ああ、楽しかったと終わるものがほとんどかもしれない。

それはそれで良いと思う。

だが、こういった映画は
今後の自分の励みにもなるし、
人生というものを考えさせられる、
違った意味で鑑賞後もとても印象に残るものであった。

それを伝えられる作品だったからこそ、
小山田さんの人徳もあるとは思うが、
色々な方が協力してくれ、
良い映画となったに違いない。


【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

どうせなら使わないと勿体ない!

From:山川晃弘


人は常に頭の中(脳)で考え事をしている。

振り返ってみれば分かると思うのだが、
意識的にボッーとするか(これも難しい…)、
まるで瞑想のようにしない限り、
何も考えない事、事態が難しいはず。

ということは、
人の脳は本人の意識に関わらず、
起きている間中、
無意識でずっと何かしら考え事をしており、
常に働いているということだ。

当然、脳だってずっと働いていれば
疲れてくるので、それを回復できる
手っ取り早い手段が睡眠と言うわけだ。

なので、
脳の活動が一番盛んなのは、起きた直後。

その後、通常の生活をしていれば、
脳の活動は下がっていく一方になるので、

脳を使って、生産的なことを生み出すのに
一番理に適っている時間帯は、
起きた直後ということになるわけだ。

だから、僕たちのようなセールスライターは
ライティングをする時は
脳も体も一番エネルギッシュな
午前中の間にやってしまうようにしている。


そして、普段から
脳が無意識に考え事をしているのであれば、
これを有効に使わないと、もったいない。

人間はある質問をされると
それをついて考えるという性質を持つ生き物だ。

積極的な人や成功している人、
アイディアをよく思いつく人は
道をただ歩いている時でも、
普段から何かしら自分の脳に問いかけをしている。

「どうしたら、○○が上手くいくだろう・・・」
「どうしたら、○○ができるようになるだろう・・・」

これを普段から、
日に何度か考えるよう習慣化すると、
脳は無意識下(潜在意識)で
そのことを考えるようになる。

アイディアというのは、ある日突然、
稲妻のように閃くのではなく、

脳に無意識に考えさせておくことによって、
アイディアや解決策を生むきっかけとなり、
次にそれを達成するためにはどうすればよいかと
具体的な内容を考えるようになるのだ。


この時にやってはいけないのは、
否定的な考えで問いかけをしてしまうこと。

「どうして、○○で失敗したんだろう・・・」
「どうして、○○ができないんだろう・・・」

このように考えてしまうと、
脳は失敗する内容やできないことについて
考えてしまうようになる。

そうすると、良いアイディアや解決策を
思いつかないどころか、
モチベーションまで下がってしまい、
下手をすると体調まで崩してしまいかねない。


「人間は日々、成長するか衰退するかの生き物で、
 現状維持のままというのはありえない。」
 
これは先日、
僕のメンターから教えてもらった言葉だが、
実際にそうではないだろうか?

昨日と比べて今日の自分が、
何も得ておらず、何も忘れていない、といった
全く同じ状態というのはあり得ない。

今日の自分が何を考え何をしたかによって、
明日の自分が成長したり衰退したりするのだ。

それが成長したか衰退したかの
一番大きい要因は、
上記のような考え方の問題。

成長的な考え事をして過ごしたなら、
あなたは次の日には成長しており、
衰退的(否定的)な考え事をして過ごしたなら、
あなたは次の日には衰退している。


たったそれだけで変わってくるので、
あなたも考え方を少し気を付けてみよう。


≪感動する成果を実現するパートナー≫

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

人は何でできている?

先日、参加したセミナーで
この話題が出て、
これまた心に印象として残ったので、
今日はその話をしたいと思う。

突然だが、質問。
人は何でできていると思う?
何で形成されていると思う?

細胞とか水分とか、
そんな物質的な意味ではないよ。

優しさ?悪意?
良いね。そんな感じだ。

とまあ、
特に引っ張るつもりはないので、
さらっと答えを言うと、

その講師の方が言うには、
人間は「言葉」でできている、そうだ。

どういうことかというと、
人間は言葉によって文化を学ぶ。

例えば、アメリカ人とアメリカ人の間に
生まれた子はもちろんアメリカ人だが、
生まれた時から日本にいて、
日本語しか学ばなければ、
その子は日本人として形成される。

逆に日本人同士の間に生まれた子でも、
アメリカで英語圏で色々と学んできたならば、
人間性(性格)も文化もアメリカ人になるはずだ。

そういう運命になっている。

それくらい言葉というのは、強い。


マザーテレサの名言の一つに、以下のものがある。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

思考から始まり、それが運命にまで繋がるという。

上記の例がまさにそうではないだろうか?

その中で言葉というのは、
行動のきっかけになると言っている。

以前の記事でも述べたと思うが、
まずは発言することで行動を起こせるようになる。

マザーテレサも言っている。
考えるだけではダメで、
それを言葉として表さなければ行動しないのだ。


ただ、何でも良いから言葉に表せば、
行動できるようになるのかと言えば、
もちろん、そんな訳ない。

例えば、
いつもやろうやろうとは思っているけど、
結局やれなくて、
「明日から頑張る!」と声に出したところで
多分、一生やることはないだろう。

具体性がないからだ。

明日から頑張ると発言するならば、
何をどうするのか、いつまでにするのか、などを
もっと明確にする必要がある。

それを日記に書いたりして、
言葉を文字として残しておくと
とても効果的だろう。


要は何が言いたかったかというと、
マザーテレサも言っている通り、
ただ考えるだけでは行動は起こせないということ。

行動を習慣化して、
習慣が性格になり、それが運命となっていくまでは
さすがに途方もない時間が掛かるが、

思考して、言葉にして、行動するのは、
すぐにでも実行可能だ。

その行動した結果が正しいものであったならば、
それを習慣化すれば、
いずれそれが自分の運命として辿りつく。

あなたも何か行動を起こしたい、
習慣化したいものがある、
と思っている(思考している)のならば、
まずは言葉にしてみてはどうだろうか?


≪感動する成果を実現するパートナー≫

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

変わり始めた自分

From:山川晃弘

愛知の実家にて、、、


現在、Facebook上でも告知しているのだが、
仕事とは違う理由で、
実家である愛知に帰省している。

せっかくの帰省する機会と言うことで、
家族の集まりだけでなく、
こちらの仲の良い友人や
昔の会社の同僚などと会う機会を設けていたのだが、
そこでよく言わるた言葉がある。

「・・・少し、変わったね。」

何が変わったかというと、
特に僕の家族が一番実感しているらしいのだが、
性格が少し穏やかになったとのこと。

以前は、仕事や会社の対人関係によるストレスのためか、
少し攻撃的な発言や態度などの
言動が目立つところがあったらしい。

それが、会話の節々や何気ない接し方一つとっても
相当、穏やかな対応になったらしい。

言われてみると、自分でも少し実感がないわけでない。
以前ならば、こんなことがあれば、
何かしら不機嫌になっていたような気がしていたが、
それが無くなっているのだ。

今は、起業している身で大変なことばかりではあるが、
常に一緒に仕事をしている会社での仕事仲間はいない。

そういう意味では対人関係で
ストレスと言うのは、皆無と言っても良い状態だ。

もちろん、ストレスが全くないわけではない。
やはり自分の事業に対する不安や焦りのようなものはある。

とはいえ、事今の仕事に関していえば、
責任は全部自分なので、何か腹立つことがあれば、
それは自分が悪いということ。
他人に対して、愚痴を言うなどお門違いもいいところだ。

また、その他の要因としては、
環境が変わり、仕事が変わり、
その影響で人付き合いが変わったというのもあるかもしれない。

別に、家族や実家周りの友人や会社の同僚との関係が
自分に悪影響を与えているというわけでない。

でも、付き合う人によって、
その人と特に一緒にいる時間が長くなると、
それらの人の影響を受けやすいというのはあると思う。

例えば、いつも会社に対して怒っている、
社会に対して怒っている、マナーの悪いやつを見ると、
腹が立つ、、、

今の現代からすれば、何の不思議もないが、
周りにこのようなネガティブな発言をする人がいると、
自分の思想がそちらに共感するような形になって、
結果的に態度となって表れてくる。

しかも、これは自分では全く気付けないことだろう。

逆に、いつもポジティブな発言をする人、
家族の為に頑張りたい、自分を高めるために勉強したい、
人に役立つことに貢献したい、、、

こういう人が周りにいると、
自分もやはりこれらの考えに影響されるようになり、
穏やかで優しい対応になっていくのではないだろうか?


周りの人から見て、僕の性格が変わって、
今の性格がとても穏やかになったというのであれば、
それはやはり環境と今を取り巻く人たちの影響が大きいと思う。

それは、自分にとって、
とても良い人たちとの出会いを経験できたということだし、
自分の中で何かが変わり始めているのかもしれない。


あなたも、今のストレスに耐えられない状態にあったり、
周りとの関係が険悪になっているようで、
そんな自分を変えたいと思っていれるのならば、

少しだけ、違う環境に身を置いてみる機会を
設けてみてはどうだろうか?

何かの活動に参加するとか、
ジムやフィットネスをやってみる、
何か習い事を始めてみる、、、など。

そこで誰かしらと素晴らしい出会いがあって、
その人と仲良くなり、その人の思想に触れていると、
それだけで自ずとあなたは変われるはずだ。


山川晃弘


PS
僕を変えてくれた今の環境と、
昔から支えてくれる友人や同僚に深く感謝、、、m(_ _)m
メルマガ登録
集客の役立つ情報を無料で提供するメルマガ講読は ※こちら※ から
プロフィール

Author:山川晃弘
集客代行コンサルタント
セールスライター

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。