スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色んな意味で最高!?な夏祭り

From:山川晃弘


昨日、自分が住んでいるところの
近くの団地で、この土日に
ちょっとした自治体の夏祭りをやっていたので、
そこに顔を出してきた。

ちょうど昼過ぎくらいに
買い物がてら見に行ったのだが、
出店も結構並んでいたし、
日中からお客も結構会場に集まっていた。

また、途中で神輿を担いだ子供たちが、
「わっしょい!わっしょい!」と
言いながら、外から会場に帰ってきたところに遭遇し、
併せて太鼓を叩く男衆たちが一際頑張って打ち鳴らす、
という何とも夏の風物詩とも言えるものを体感してきた。

屋台も自治体の方で色々と頑張っていて、
なるべく他のお店と被らないよう
みんな思考を凝らして、場を盛り上げている感じだった。

昨日は天気も良く、
途中でビールと焼き鳥でも買って、
思わず椅子に座り込もうとしてしまったが、
この後の買い物もあるので、何とかやめておいた。


ただ、1つ思ったのは、
昨日の日中帯の暑さが久しぶりに
全国的に凄い状態だったこと。

昨日の7日は、全国の131地点で35℃を超える猛暑日、
757地点で30℃を超える真夏日になり、
北日本などでは記録的な高温となった所があるなど、
猛烈な暑さとなったようだ。

そんな中、子供たちが神輿を担いで頑張っていたり、
広場でひたすら祭り太鼓を鳴らしていた男衆を思い浮かべると
別に悪い意味ではなく、
「大丈夫だったのだろうか?」とちょっと不安になってしまった。

ただ、自分としての体感は、
確かに結構な暑さだったが、
日陰に入れば、普通に涼しいと感じたので
まだ、そこまでではないのかな?と思っていた。

ちなみに個人的な意見(とはいえ確信している)だが、
暑いと感じるのは、何も純粋に気温だけでなく、
湿度による影響が、寧ろかなり大きいと思っている。

昨日、地元の名古屋の友人に
近くでこんな祭りをやっているよ、
と祭りの写真を送ったのだが、

返事は楽しそうとか、どうだった?といった内容でなく、
ただ一言、
「暑そう…(;´Д`)」と返ってきた。

ちなみに僕の実家である名古屋は
昨日は最高気温が37℃を超えていたらしい。

そして名古屋は、
ずっと暮らしていたのでわかるのだが、
夏の湿気が凄い。

なので、
気温がたとえ35℃を超えなかったとしても、
体感での暑さは半端ない。

夏の日中帯は日陰ですら、
あまり涼しいとは感じられず、
日陰はただ日の光を受けていない暑い所といった感じだ。

オーストラリアに留学していた時に、
40℃を超える日を度々体感したことがある。

季節が逆なので、もの凄く暑い1月のある日だったのだが、
日の光がもはや肌を焼くようで、
暑いというより、痛いといった感想が凄かった。

ちなみに湿度はほとんどないので、
かなりカラッとした暑さ。

なので、やはり人間の感じる暑さは
気温と湿度に密接に関係しているのだな、
と再認識した瞬間だったような気がする。


今日の8日も晴れる所が多く、
各地で猛暑日になる見込みとのこと。

なんと北は北海道、南は沖縄までの
41都道府県に高温注意報が出されているようだ。

週間天気を見ても、
これから一週間晴れの日がひたすら続く。

いよいよ、今年の夏が本格的に到来と言った感じだ。

くれぐれもこまめな水分補給や
適度にエアコンをつけるなど、
暑さ対策に気を配ってほしい。


P.S.
こういう日に、海やプールに行ったり、
ビアガーデンに行ったりして避暑をするのは、
格別に良いんだけどね(*^_^*)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

スポンサーサイト

今年の夏は厳しい夏

From:山川晃弘


本日は海の日。

その同日にタイミング良く?なのか、
東海地方から西の西日本では
ついに気象庁から梅雨明けが発表された。

今日はとても天気が良く、
梅雨明けを象徴するかのように
各地で猛暑日になるとのことらしい。

くれぐれも暑さ対策には気を付けて欲しいが、
ただ、海の日ということもあって、
ちょうど海水浴にはもってこいの日かもしれない。


今年の夏は平年より暑くなると予想されている。

去年は逆に8月のお盆過ぎあたりぐらいから
一気に過ごしやすい気候に変わったので、
9月、10月に残暑というのがあまりなかった。

なので、今年は一変して暑くなるだろうなぁと
思っていたが、案の定、そう予想されている。

猛暑日が続くと心配になるのが、
もちろん熱射病や熱中症。

もう散々、この記事内で述べてきたと思うが、
一昔前とは暑さの質が違うので、
とにかくあなたも注意してほしい。

ニュースなどでも、
冬に寒くて凍死したという話題はあまり聞かないが、
夏に熱中症で亡くなったという話はしょっちゅう聞くので、

例えあなたが暑さには耐性があるとか、
エアコンの風は体調が悪くなるから嫌いだからと言って、
油断しては禁物だ。

熱中症で倒れるくらいなら、
部屋の温度を多少下げて、
着こむくらいの意気込みでもよいかもしれない。


そして、次に話題として心配なのは、
先日も一部ニュースで報道されていた
ダムの貯水率の問題。

暑い夏になると、一回くらいは聞きそうな話題だ。

特に今年は関東圏のダムの貯水率が著しく悪く、
7月の頭では、関東で主要な矢木沢ダムの貯水率が20%を割り込み、
深刻な水不足化が懸念された。

ちなみに本日、海の日の7月18日現在でも、
貯水率は30%を割っている。

上記で挙げたように、
西日本はすでに梅雨明けが発表されたので、
このまま関東圏も梅雨明けが発表されてしまうと、
今年の夏は水不足が確定的になってしまう。

ちなみに自分は生まれてこの方30年強、
水不足による断水の経験が無い。
(ありがたいことに災害の影響でも経験したことはない)

とはいえ、自分が中学生の時に
全国的に深刻な水不足の時があって、
さすがに夏のプールの授業が無くなった経験はある。

ただ、その時でも断水が起こらなかったのは、
自分の住んでいた実家付近には幸運なことに地下水があったからだ。

その時はそれを使うことで何とか凌げたのだが、
今住んでいるところでは、さすがにそれはない。

今のうちに対策として、
ある程度、生活の中で水を節水したり、
災害用に近い感覚でペットボトルの水を確保と言いたいところだが、

前者はともかく、後者をみんなが一斉にやると、
店頭から清涼水が消えてしまったり、
価格高騰が起こらないかと不安になってしまう。

とは言っても、油断していると、
脱水症や熱中症の引き金になるので、
可能な限りは予防してほしい。

今年の夏は、平年に比べて
かなり過酷な夏になりそうなので、
あなたもくれぐれも注意するべし。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

心臓の弱い方は、ご注意!?

From:山川晃弘


先日、何気なくTVを付けたら、
面白そうな内容の番組が放映されていた。

もしかしたら、あなたも見ていたかもしれないが、
「マツコの知らない世界」という番組内で、
「心霊ビジネスの世界」というのを放送していたのだ。

夏の風物詩らしい怪談話なのかな?と思い、
あと、個人的にこの手の話は結構好きだったりするので、
そのまま視聴を開始。

内容は、実は世に出回っている心霊動画というのは、
結構、ビジネス用に作り話がほとんどだと言うのだ。

今はCGの技術が大変進歩したので、
ぶっちゃけるとCG担当者の演出の見せ方によって、
凄かったり、しょぼかったり、逆に白々しかったりするらしい。

この番組は、
こういう結構ぶっちゃけた内容を話す時があるので、
面白いのだが、今回も裏の内情と言うか、

たまにある心霊の特集番組で使われる動画とかは、
結構、制作されたものが多く、
番組制作側はそれをわかっててそれを買っているらしいのだ。

ちなみに一本当たりの制作費は
意外と安く済むらしく、それでいて、その動画の
使用量はかなり高く請求できるらしいので、

一本取ってしまえば、たった一回で黒になるどころか、
使いまわしができるため、
かなりボロ儲けな商売らしい…(笑)

まあ、自分はやる気はないけど。


TV内で紹介していたものなどを見ると、
確かに言われてみれば、作り話というか、
制作感が丸わかりだな、と思える動画も中にはあった。

でも、中にはとても斬新でアイディアにあふれたものも
あったりしたので、それはそれで、
人を楽しませるエンタテインメントとしては、
中々レベルが高いなと感心したほどだ。

だが、そんな中でも、やはり異質な動画は存在する。

長年そのビジネスに携わっていると思われる、
今回のナビゲーターの人でも、
この現象は不可解でどうやって制作されたのかがわからない、
というものが、やはり存在するというのだ。

まあ、制作ではなく、
本当の心霊動画の可能性もあるのだが。

その人の中での不可解度が高いランキング制で
下から順に紹介していたが、
中には有名というか、
僕の中でもすでに知っているくらいの有名心霊動画なども含まれていた。

どの点が制作ではありえないか、なども
しっかりと解説していたので、
普段の心霊番組などで、出演者が
ただ「キャーキャー」言ってるだけのうるさい番組より、
よっぽど信憑性があって、中々面白かった。

ちなみに、こういった番組を見るのはそれなりには好きだが、
心霊スポットをめぐったりするのかというと、実は一切しない。
というか、あまり肝試しの経験すらない。

僕は大学が秋田県だったのだが、
実は秋田は全国一、日照時間が短い関係なのか、
全国で自殺率No.1の県なので、
意外でもなく心霊スポットが多かったりする。

大学時代の友人に、心霊スポットめぐりに
誘われたこともあるが行かなかった。

その時は怖いというより、
単純にスポットめぐるまでは、
あまり興味がなかったという方が正しいかもしれない。

いずれにせよ、例え作り話だろうが、
本当にあった心霊動画だろうが、
個人的には暑い夏を乗り越える、
肝を冷やすという意味での風物詩として、
この手の話をするのもされるのも、結構、気に入っている。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

この違いって何ですか!?

From:山川晃弘


今回は、かなり日記に近い内容。

ほぼプライベート全開な内容なので、
興味のない方はスルーしてもらっても良いかも…(^_^;)


実は2日ほど前の土曜日のこと。

以前からやろうやろうとは思っていたものの、
中々時間を取ることができなかったので、
ちょっと時間を作って久しぶりに
我が家の大掃除をした。

さすがにここ最近、急速に夏の気配がうかがえるくらいの
日中の暑さが体感できるようになってきたため、
衣替えやエアコンの試運転、
扇風機などの夏物を押し入れから引っ張り出すついでと言ったところだ。

ずっと使っていた上下布団のシーツや、
ソファカバーなどもついでと言って、
まるごと洗濯したり、

普段は布団干すことしかしない、
全くと言っていいほど使わない
ベランダの掃除をしたりもした。
(洗濯物はドラムの乾燥で乾かすので基本干さない)

また、梅雨の時期もまだ折り返し時期みたいなものなので、
気を付けていないと風呂場などはすぐにカビが生えてくる。

ここは換気だけでもちゃんとしていないと、
取り返しのつかないことになりそうなので、
普段から気を付けるようにしているが、

それでもやっぱり目立ってくるので、
やり始めると結構大変だったりする。

そして、
夏物の仕事着はすぐにしわになりやすいので、
スチームアイロンなどでシャツやスーツを
地味にしわ伸ばしなどもしていたので、
掃除ではない家事仕事までしていたら、
気付いたらほぼ一日中、家事・掃除をしていた結果となってしまった。


以前の記事にも何度か掃除ネタを
ブログに書いた覚えがある。

大体が今のような季節の変わり目に
このような投稿をしているような気がする。

なので、次回は夏の終わりに
こんなようなことをまた書いているかもしれない。

普段から、目立つところはこまめに掃除したりするのだが、
やはり時間が掛かりそうなことはまとめてやってしまうから、
自分の中でオオゴトなイベントみたいな状態になっているのかもしれない。

ただ、実際掃除をすると気分転換にもなるし、
やり終わった後の達成感や、
その後の部屋の居心地の良さは何とも言えない嬉しさがある。

掃除が好きな人、またはそれを仕事にしている人は、
この喜びのため、これを家族や知り合い、
そしてお客さんに味わってもらいたいために
頑張ってやっていられるのだろう。

どんな提供の仕方にしろ、
人に感謝される仕事をされている方は
誇ってよいと思う。


月並みな提案で申し訳ないけど、
普段、あまり掃除をしないなら、
ちょうど一年も半分が終わろうとしている時期ので、

この機会にあなたも大掃除とまでは言わないが、
中掃除くらいしてみてはどうだろう?

6月という祝日が無い月で、
梅雨の関係で湿気も多く、
何かとストレスのたまりやすい時期だ。

自分でやっても気分転換になるし、
誰かのために掃除しておくのも良い効果になるはずだ。


ただ、注意点が一つある。
それは「整理」と「整頓」は違うということ。

あなたはこれの違いを説明できるだろうか?

ざっくりの説明になるけど、
「整理」は見た目がキレイになっている状態
のことを言うのだが、

「整頓」というのは、
モノがどこにあるのかが把握できている状態
のことを言う。

その人がどちらを望んでいるのかを
やる側が把握していないと
却って怒らせることになってしまうかもしれない。

見た目ごちゃごちゃで汚そうに見えても、
彼らにとっては「整頓」されているのかもしれないからだ。
(自分も含めて、言い訳かもしれないけど…)


【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

母の日のプレゼントに・・・

From:山川晃弘


一週間ぶりの記事投稿である。

前回の投稿日は、ちょうど実家の母が
こちらに遊びに来てくれたので、
先週の母の日のプレゼントを兼ねて、
東京ディズニーシーへ遊びに行っていた。

8時30分の開園から1日遊び倒す目的で行ったのだが、
まず最初に驚いたのは、
平日の月曜だったにも関わらず、
開園時間なのに凄いゲスト(お客さん)の数だ。

ただ、ディズニー公式の混雑予想カレンダーによると、
月曜日は元々混むみたいで、
5月は修学旅行や小中学校の運動会の振替が重なるため、
さらに多少の補正が掛かっているらしい。

とはいえ、
入場ゲート付近では開園間もないにも関わらず、
一体どれくらい開園前から並んでいたのかと
思われるくらい凄い人の多さだった。


もしかしたら、あなたはご存知かもしれないが、
僕自身、自分の半生くらいディズニーに
行っていない生活をしているうちに、
どうやら、知らない間に「Fast pass」というものが導入されていた。

これは、USJにもある制度みたいだが(こちらも行ったことないけど)
混雑緩和の為、人気アトラクションを事前に予約しておき、
予約時に確保された時間帯で訪れると、
そのアトラクションにスムーズに乗れるというシステムだ。

なので、とりあえず事前に情報で調べていた
一番人気のアトラクションである、
「トイストーリーマニア」のFast passを取りに行ったのだが、

8時50分くらいのおよそ開園から20分後で、
すでにFast passを取るだけで長蛇の列になっていた。
・・・発券機は8台近くあったにも関わらずだ。

何とか並んでFast passを発券したが、
予約確保の時間はなんと16時30分~17時30分の間。

朝一で入園して、一番最初に予約しに行ったにも関わらず、
この時間ですでに夕方の予約時間になろうとは、
ディズニーのアトラクション恐るべし、と
いきなり洗礼を受けた気分だった・・・。
(後で調べたら、実は理由があったんだけど。)


そこからは、やはり人気アトラクションの上位が
午後からの人の入りによって、
どんどん混んでくるだろうと予測し、
なるべく早い段階で行ってしまおうということになった。

それでも一番最初に普通に並んだアトラクションは
「インディージョーンズ」だったが、
平日でも60分待ちだった。

それ以降も大体1時間前後待ちが続いた。
その間にFast passの次回発行の時間制限が解除され、
追加で2回くらい発行を駆使して、大体のアトラクションを制覇できた。

無事、夕方にも一番人気のトイストーリーも体験できた。

ホントに、ほとんどのアトラクションを
乗り回した1日だったので、
付き合ってくれた母には、少し申し訳ない気がしたが、
とても楽しい時間を共有することができた。

母の方も、良い母の日のプレゼントになった
と思ってくれたなら幸いである。


しかし、同時にやはりディズニーの凄さには圧倒した。

凄さと言うのは、マーケティングで言うブランディングの凄さだ。

ディズニーはもちろん世界的に有名なので、
僕のようなにわかが考えていた平日の混雑予想をはるかに超えていた。

それは、やはり徹底した
経営方針である「すべての人にハピネスの提供」
が信念にあるからだと思っている。

キャスト(従業員)一人一人が
ゲストに心から楽しんでもらいたいと
徹底されているのだろう。

その居心地の良い空間が
まさしく夢の国を作りあげているのだ。


≪感動する成果を実現するパートナー≫

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘
メルマガ登録
集客の役立つ情報を無料で提供するメルマガ講読は ※こちら※ から
プロフィール

山川晃弘

Author:山川晃弘
集客代行コンサルタント
セールスライター

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。