スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史に刻まれる日

From:山川晃弘


昨日は9月11日。
過去に色々な出来事が起こった節目となる日であった。

その中でも、もっとも有名なのは、
あなたもご存じだと思うが、2001年9月11日の
アメリカのニューヨークでの同時多発テロだ。

マサチューセッツ州ボストン、バージニア州ダレス(ワシントンD.C.近郊)、
ニュージャージー州ニューアークを発った4機の旅客機が、
モハメド・アタを中心とするアラブ系のグループによって
ほぼ同時にハイジャックされた事件である。

中でも衝撃的だったのが、
その4機のうちの2機がニューヨークにある
世界貿易センタービル・ツインタワーに次々と激突した。

1機目の激突が当初、事故だと思われていて、
その中継中に2機目が激突して、
テロと分かった瞬間の映像は、まさに世界中の人を震撼させた。

この事故で、乗員乗客は全員死亡、
そのうえ、激突した階とその上の階にいた人たちは
階段などが崩れて逃げることができず、
火災や煙に巻き込まれたり、
絶望の末、90階以上から飛び降りた人が後を絶たなかった。

特に被害のひどかった北棟だけで、
死者は1700人以上、4機による合計は
加害者側も含めて死者は合計2973人にものぼった。

航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、
全世界に衝撃を与え、その後、アメリカ軍が報復として
アフガニスタン紛争、イラク戦争へと発展してしまった痛ましい事件である。

その事故から早15年。
あれから世界中でテロに対して意識が高まっているが、
それでもテロは無くならず、世界各地で起こっている報道を耳にすると
何とも沈痛な思いになる。

犠牲になった人たちに改めてご冥福をお祈りしたい。


9月11日というと自分の中で、
もう一つ衝撃的な出来事がある。

9月と言うのは日本で一番台風が発生しやすく、
また気圧配置の影響で日本を最も縦横断する月だ。

その当時の台風14号の影響で、
2000年の9月11日から12日に掛けて
愛知県名古屋市とその周辺に起こった豪雨災害。

気象庁の命名ではないが、俗にいう
「東海豪雨」という出来事があった。

僕は愛知県の名古屋市周辺出身なのだが、
この時は、僕は大学生で愛知県から離れており、
TVでニュースを見て、自分の住んでいた周辺の
地域が沈んでいたのは、まさに衝撃的だった。

名古屋市では11日の日降水量が、平年の9月の月降水量の2倍となる428ミリとなり、
2日間の合計降水量が567ミリに達した。

家族から聞いた話では、まさにバケツから水を
ひっくり返した状態が常に続いた程の雨の強さだったらしく、
本当に怖かったらしい。

僕の住んでいたところの南にある川も
堤防が決壊し、濁流がその地域に流れ込んだ。

もし、これが川を挟んで反対側だったら、
間違いなく僕の実家も被害に合っていたことだろう。

とはいえ、知っている隣接する市町村が被害を受けていたため、
知り合いが被害にもあっているし、
あまり思い出したくないが、
僕の学生時代の後輩も、この時に亡くしている。

こちらも16年経った今でも、
当時を経験した人たちにとって深い傷痕を残している。


そして、2011年3月11日の東日本大震災から
まる半年、5年半の節目でもある9月11日。

こちらは原発の問題も含めて、
未だに生々しい傷痕が残ったままだ。

一刻も早い復興が節目の度に思い起こされる。


以上、3つの出来事を取り上げたが、
2つ目の豪雨については、つい先日も
北海道、東北地方で甚大な被害を与えている。

「9月は1年で一番台風の被害が多い月だ。」
このことを頭に入れて、
他人ごとではなく明日は我が身と思って、

地震の対策だけでなく、台風のための準備も怠ることなく、
情報をしっかりと入手して、
避難勧告などが出たら、無理せず指示に従って、自分の身を守ってほしい。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

スポンサーサイト

学校に行くことは義務じゃない

From:山川晃弘


今日から9月に入った。

小中高生の長いようで短かった夏休みも終わり、
急に朝の電車の乗降人数もいつも通りに戻って、
それを実感している人も少なくないだろう。

まあ、大学生はまだ夏休みがあったりするので、
完全に戻ったわけではないと思うけど。

ちなみに9月1日といえば、
誰もが知っているだろう、関東大震災の起こった日だ。

東日本大震災以前において、
日本災害史上最大級の被害で、
死者・行方不明者は10万人を超えた。

阪神・淡路大震災や先日起こった
熊本地震と同じく、直下型の地震なのだが、
ここまでの被害が出た理由は、

ちょうど地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なったことから、
火災による被害が著しかった。

1923年発生時の当時の状況もあったかもしれない。
現代のように火災に対しての危機感も薄く、
防災知識もほとんど無かったのだろう。

よって、9月1日は始業式であるのと同時に
毎回毎回、避難訓練をやっていた覚えがある。

実際に消防の人が学校まで来て、
消火器の使い方などを実演していたのが記憶に残っている。

会社務めをしている人も本日、避難訓練をしていたり、
していなかったとしても、意識を持つために
そのような関連の話があったのではないだろうか?

つい先日も、忘れかけていたころに
熊本で震度5弱の地震がまた観測された。

目立った被害はなかったように見受けられるが、
(どちらかというと北海道の台風10号の爪痕の方が酷かった)
とにかく、もう一度、
地震にしろ、台風にしろ、火災にしろ、
色々な災害に対する心構えを怠らないようにしたい。


ちなみ9月1日は、子供の自死リスクが、
1年で一番高まる日でもある。

夏休み明け、いじめなどに悩む子供たちが
学校が始まるプレッシャーで追い詰められやすいとのこと。

つい先週も、青森県の中学校2年生の子が、
2学期の始業式の翌日である25日に、
JR奥羽線に飛び込み自殺した件が記憶に新しい。
(東北などの地域は冬休みが長いため、夏休みが短くなっている)

女子生徒が校内の複数の生徒からいじめを受けていたとの「遺書」を、
スマホのメモアプリに残していたことが後日、分かった。
「もう生きていけそうにない」などと悲痛な訴えがつづられていた。

そのニュースをTVで見ている時に、
コメンテーターがこの9月1日を挟んだ、
前後1週間は子供の自殺率が高いという。

親御さんはそれを分かったうえで、
子供の様子におかしなところがないか、
注意深く見て欲しい。

死んでしまってはどうにもならない。
死ぬ前に必ず誰かに相談してほしい。
そうすれば、必ず助けてくれる人がいるのだから。

「学校に行くことは義務じゃない」
と題された、自らもいじめられ、不登校になった
経験を持つ子供たちがビデオメッセージを作った。

彼、彼女らはビデオを通じて、こう呼びかけている。

「自分が居づらいと感じる場所に、無理にいつづけなくていいよ」

「もし学校に行くのが怖くなったりしたら、まずは休んでみてほしい」

「あなたと同じ考えを持つ人は、目に見えないようで、実はたくさんいるんだ」

これらは子供に当てられたメッセージではあるが、
大人に対しても、当てはまることではないだろうか?

会社に行くことは義務じゃない。
会社に行かないと家族を養えず、
不幸になると考えるかもしれないが、

家族にとっての一番の不幸は、
貧相な暮らしになることではなく、
家族を失うことだと、全ての人が常に理解してほしい。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

熱い夏の終わり

From:山川晃弘


本日の日本の朝の時間帯をもって、
リオ五輪の閉会式が行われ、
無事、リオ五輪も閉幕した。

今大会、日本が獲得したメダル数は
41個(金12、銀8、銅21)で、
前回のロンドン五輪の38個を上回って過去最高とのこと。

自国開催の2020年東京五輪に向け、
期待をふくらませる成果を上げてくれた。

最も多くメダルを獲得したのは柔道で12。
競泳とレスリングが7で続き、
まさに日本の「お家芸」が存在感を示した。

さらに今年は歴史的なメダルの獲得が多かった。

体操の内村選手が3連覇を成し遂げたり、
卓球で水谷選手が初の銅メダル。

レスリング女子では、各階級で
圧倒的な強さを見せつけてくれて
金メダルの嵐。

テニスの錦織選手も96年ぶりとなるメダル獲得で、
バドミントン女子のダブルスでも金。

そして、何よりも日本人にとって
身体的に不利ともいえる陸上競技での
「男子400mリレー」で銀メダルという快挙を成し遂げてくれた。

今回の大会は開始早々のメダルラッシュで、
十分に賑わかしてくれたが、
その勢いはほとんど最後まで止まることはなく、
連日メダルの速報を伝えてくれた。

我々、見守り応援する側にも、
とても感動と興奮を与えてくれ、
同時に色々な勇気も分け与えてくれた。

最後に、本当に「ありがとう」と
「お疲れ様でした」と伝えたい。


同じく昨日は夏の高校生の甲子園野球も
決勝戦が行われた。

栃木の作新学院と南北海道の北海高校との試合だ。

試合結果は7-1で栃木の作新が制し、
54年ぶりの2回目となる
優勝を手にした。

負けてしまった北海も
88年ぶりの甲子園ベスト4を果たしていた。

そういう意味では今年の決勝は
とても珍しい組み合わせで、
こちらもまさに歴史的な試合となっただろう。

高校野球はプロ野球と違って、
試合展開が早く、金属バットを使うのもあって、
点の取り合いになるケースが多かったりする。

そういう意味では、
9回の土壇場であっても
流れによっては大差の点差が覆る、

まさに甲子園には魔物が住んでいる
と、いうような状況が発生するため、
見ている方を興奮に導いてくれる。


今年は深夜にリオ五輪、
日中には甲子園野球と五輪のハイライト、と
常にイベントだらけの状態だった。

とても楽しくて、興奮する夏であったが、
それも昨日で全部終わってしまったため、
何とも燃え尽き症候群のような状態である。

とはいえ、社会人にとっては、
子供の夏休みと違って、
長い連休があったところもさすがに終わり、
今日から仕事の再開だ。

ちなみに関東地方ではいきなり
台風9号がまさにド直撃の状態。

何ともいきなりやる気を削がれる天候だが、
くれぐれも台風による強風や
水源のあるところには近づかないなど、
注意をしてほしい。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

今年の夏は違う意味で熱い!!

From:山川晃弘


今日もリオ五輪ネタ。
最近、ニュースばっかりで人によっては、
そんなの知ってるよ!ネタばかりで申し訳ない(^^;

日本のメダルラッシュが止まらない。

特に昨日は凄かった。

卓球の男子団体が3つの銀メダルと
何といっても、女子レスリングが

48kg級で登坂選手
58kg級で伊調選手
69kg級で土佐選手

と3階級で金メダルという大金星を挙げた。
何という強さだ!

本日は吉田沙保里選手の4連覇も掛かっている。
期待に胸膨らむ内容だ。

彼女のTwitterでつぶやかれたセリフも
恰好良すぎて痺れる内容だった。

その前では2大会ぶりに
女子のシンクロナイズドスイミングデュエットで
乾選手と三井選手のペアが銅メダル。

体操の白井選手も跳馬で
新技の3回転半ひねりを成功させて銅メダル。

そして、錦織選手が男子テニスで
世界ランク格上のナダル選手をやぶって、
96年ぶりとなるメダル(銅)を獲得。

と、数え出したらキリがないくらいの
大健闘をしてくれている。

観戦している我々にとっては、
毎日が何とも刺激的で
ついつい夜更かししすぎたりするという違う意味で大変だ(笑)


だが、開催前は練習中に停電や
選手村での設備の不具合など
プレイが心配される要素が多かった。

また、原油価格の下落などによって
危機的な財政状況にある開催国のブラジル。

リオデジャネイロでは
公務員である警察官や消防士の給与未払いが発生し、
安全を保証をしないというストライキ・デモまで起きている。

リオ五輪観戦者の一般客を
公務員が抗議デモとして空港で出迎える
「Welcome to hell (地獄へようこそ)」
は衝撃的であった。

プレイ中継を見ていても、
いつもなら満席となる
観客席が結構、観戦者の入りがまばらだったりする。

地元住民の信頼や関心も低く、
中には「2度と開催しないでほしい。」
という悲しい声も上がっている。


オリンピックを招致すれば、
やはり色々な問題を抱える。

それらは必ず経済に負担を与えるケースが多い。

過去にも、開催国でのオリンピック場跡の
維持や管理の問題などで
経済的な負担を強いられている国は多い。

それらを見越して、開催後の施設をどうするかまで
検討されているのが普通だが、

今回の件を見るに、リオデジャネイロでは
経済的な面と地域活性化と言う意味では
逆効果になってしまう結果となりそうだ。


次回の日本の場合、
多分、開催中の経済効果は大きいと予想できる。

元々、国民的にも関心を持つ人が多いので、
観客席もまばらということはあまりなく、
また盛り上がりもするだろう。

そして、外国人の観光客が増え、
各地で恩恵も得られることも予想される。

だが、しっかり対策もしておかないと、
今回の二の舞になってしまう気もする。

開催前の準備もしかり、開催後の場所の問題や、
経済落差などが深刻な状況を及ぼさなければ良いのだが…。

違う意味で不安は残る。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

相互に影響し合える成果と感動

From:山川晃弘


リオオリンピック6日目。

今回は開会式から開始早々の8/6には、
水泳、柔道、ウェイトリフティングで銅メダルが相次ぎ、
そして、水泳で萩野選手が競泳男子400m個人メドレーで
金メダルを獲ってくれた。

それを皮切りに、
連日、メダルラッシュの印象だ。

8/8には柔道で大野選手が73kg級で金、
体操でも男子団体で金を獲得している。

そして、昨日(日本時間では今朝)、
柔道男子90kg級でベイカー選手、
女子70kg級で田知本選手、
体操で内村選手が44年ぶりとなる
男子個人総合の2連覇で金メダルを獲得された。


その中でもやはり注目は
体操で2連覇を出した内村選手ではないだろうか?

今回の内村選手は体操の予選で
鉄棒から落下。

ちょっと苦しい結果での
予選通過となってしまい、
幸先の良いスタートは言えず、不安を残してしまった。

しかし、男子の団体では、
その不安を見事に覆してくれる
アテネ五輪以来の金メダル獲得となる
素晴らしい結果を叩き出してくれた。

そして、迎えた昨日の男子個人総合。

内村選手は6種目すべての競技を
ほぼミスのない完璧な演技を披露し、
表彰台で2位と3位の選手それぞれが、
彼に敬意を払うほどの見事な優勝を勝ち取った。

早朝の内容なので、
もし、あなたが演技を見ていないならば、
Youtubeなどで見られてはどうだろうか?
(こういうときのYoutubeってすごいよね)


演技を見て、圧巻だと思うのは、
演技中の高難度の技の数々もそうだが、
なんといっても着地のキレイさ。

着地が少しの移動もなくピタリッ!と決まると、
スコアを採点する審判の目からは知らないが、
素人目からは演技内容すべての評価が
飛躍的に跳ね上がる。

今回の演技を見ると、
床、平行棒を除く4種目で
見事な着地を決めている。
(平行棒がちょっと前に出てしまったが、
実は床の着地は十分凄いと言える。
だが、それ以上に4種目の着地が見事だった。)

特に最終種目である鉄棒での
着地は直立不動の見事なまでの内容で、
動画で見た時に若干、目が潤みそうになった。

アテネ五輪で男子団体が金メダルを獲ったときに
最後の鉄棒で富田選手が見事なまでの
完璧な演技をして優勝したのが思い出された。

その時の刈谷富士夫氏による実況での
「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」
は当時の五輪中継のテーマソングである
ゆずの「栄光の架け橋」と相まって、名文句として有名だ。


何だか体操の内容だけで熱く語ってしまった
今日の内容になってしまったが、
やはりオリンピックはスポーツを通して、
僕らに色々なものを伝えてくれる。

中でも東北での大震災が起こった時に
女子サッカーでなでしこジャパンが優勝した時は
現地の人たちにはかなりの生きる希望となり、
また大きな励ましとなっただろう。

また、選手たちの方も自分たちのためではなく、
被災した方々を勇気づけようとしてくれて、
本来以上の力を出してくれたのではないだろうか?

そういったスポーツを通して、
相互に影響し合える成果や感動を与えてくれる
オリンピックはやはり特別なものである。

是非、残りの演技でも、もっと感動を伝えてほしい。
リオ五輪はまだまだ、これからだ!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘
メルマガ登録
集客の役立つ情報を無料で提供するメルマガ講読は ※こちら※ から
プロフィール

Author:山川晃弘
集客代行コンサルタント
セールスライター

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。