スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表!新型iPhone7を3分で解説

From:山川晃弘


ファンの人は待ち望んでいたことだろう。
長い1年の中で、ついにこの時期が来た、と。

Appleが米国時間の9月7日、
新型スマートフォン「iPhone7」と「iPhone 7 Plus」
を発表した。

ちなみに僕の携帯はiPhoneなのだが、
6s組なので今回は基本見送り。

でも、マーケッターとしてこの話題は外せないので、
今日は3分くらいでiPhone7の魅力およびスペックを
簡単に解説したいと思う。


1 カラーは5色、大きさは前作 6/6 Plusと同じ

まず気になるカラーは5色。
ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドに
ジェットブラック。今回は黒が再登場。
背面にあった横に走る白いラインも消えており、
統一感のある色合いになっている。

2 お財布ケータイ(Suicaなど)が使えるように

モバイルSuicaのような機能がついに搭載。
SuicaをiPhoneに簡単に読み込むことで、
Suicaと同じように使え、
もうプラスチックのカードを持ち歩く必要がなくなる。

3 クレジットカード機能 Apple Pay

iPhoneやApple Watchがクレジットカードのように使える
「Apple Pay」の機能が付く。

提携しているカード会社も多く、
使えるお店もコンビニや家電量販店の他、
イオンやアピタ、ENEOSなどでも使えるようだ。

4 防水・防塵加工

水に弱かったiPhoneがついに防水加工が施されるように。
だが、残念ながら衝撃には強くなったみたいではないので、
落とすとヒビ割れが起こるのは、相変わらずだと思う。

5 イヤホンジャック(丸穴)がなくなった

噂通り、イヤホンはLightningケーブルに指すタイプに変更。
付属のイヤホンの先は3.5mmのステレオミニプラグではなく、
Lightningの先端部分になっている。

従来のイヤホンは付属の変換アダプタを使用する。
また、10月にはコードのないイヤホン「Airpods」が
1万6800円で販売予定とのこと。

6 Plusはレンズが2つに

iPhone7は光学レンズが1つ。
7 Plusは広角レンズと望遠レンズの2つが付く。
画素数は6sと同じく1200万画素とのこと。

これにより、遠くの被写体をより鮮明に撮ることができ、
背景のボケも加工できるらしく、
一眼レフカメラのような撮影が可能。
手ぶれ補正も追加とのこと。


予約の開始は9月9日(金)から、発売日は16日(金)。

容量は
32GB/128GB/256GBの3種類(iPhone 7 / 7 Plus 共に)。

値段は
iPhone7:7万2800円/8万3800円/9万4800円
iPhone7 Plus:8万5800円/9万6800円/10万7800円


以上。今回の記事は趣向を変えて、
ほとんど機能の説明を提供させてもらった。

さて、今日もしくは明日くらいから銀座のAppleでは、
発売まで待ちきれない信者が、
発売日まで長蛇の列を作ることだろう。

非常に教育がされている。

Appleはこのスタイリッシュとも言える
徹底した情報漏洩対策の厳守と
クールな印象のモデルを元にブランディングに成功している。

特別な広告や宣伝、割引などせずとも、
ユーザーはAppleの新型と聞くだけで群がる状態。
これこそがブランディングの効果であり、
マーケティングができている状態だ。

追いつく追い抜くというのはさすがに無理だが、
見習ったり、他の分野で戦略をパクらせていただくなど
非常に勉強になる会社である。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘
スポンサーサイト

『次回 塗装を直す工事』

From:山川晃弘


今日は非常に面白い記事を見つけたので、
そのことについて語ろうと思う。

マーケティングと言うか、
ブランディングをするという意味で
非常に良くできた事例だと思う。


あなたは「新世紀 エヴァンゲリオン」という
アニメをご存じだろうか?

大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、
巨大な人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった
14歳の少年少女たちと、襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いた物語。
(ウィキペディアの概要を参照)

現在、絶賛映画館で上映中の
「シン・ゴジラ」の脚本・編集・総監督である
庵野秀明監督の元、GAINAXの原作によるSFアニメ作品である。

一時期、アニメ業界で相当話題となり、
本作はアニメ以外にもコミックスや設定資料集、
グッズなどが幅広く展開されており、

果ては何本も映画化されるなど、
とにかく空前のブームを巻き起こした。

今でもその人気は衰えることなく、
海外でも大人気で非常に有名な作品となっている。

内容を話し出してしまうと、
今日の記事が終わってしまうので割愛するが、
その次回予告の仕方も非常にシュールなものであった。


そして、それが今、
「工事 予告」や「次回 舗装を直す工事」といった
アニメの「エヴァンゲリオン」風のフォントで書かれた
工事看板がTwitterで話題となっている。

設置者は岩手県花巻市にある「たかしん興業」。

この工事業者が立てた看板は、
エヴァンゲリオンの次回予告に使われている
明朝体の文字とデザイン的な配列アイディアで
ただ工事であるというお知らせをしただけ。

ただ、それだけのものなのだが、
もの凄く斬新であるということで
話題沸騰になっている。

基本は黒背景に白文字(逆もあり)の明朝体で
絵やイラストも特にない
ただ文字が書かれた至ってシンプルなもの。

ちなみに、赤をベースとした
弐号機カラーになっている場所とかもあるとのこと。

しかも、例を挙げたものでお気づきかもしれないが、
工事状況が進むにつれて、
次回に何の工事をするのかを本当に予告している。

設置者曰く、中には作業工程によって、
「第何話」と話数が進むパターンもあるそうだ。

工事には関係ない一般からの問い合わせもあり、
「1話から4話まで看板を見たんですが、
5話はどのあたりに置きますか?」といったこともあったらしい。


とにかくマーケッターの視点からすると、
アイディアが素晴らしいの一言。

著作権に触れるかと言うと、
使っているのは明朝体の文字だけで、
それをただ並べているだけ・・・触れるわけがない。

それでも、見た人のほとんど誰もが、
エヴァンゲリオンの予告風だと結びつけたのだ。
まさに斬新で効果的なアイディアである。

看板の役割は人に注目をしてもらい、
その内容の行動を起こしてもらうこと。

今回は工事のお知らせなので、
直接的な利益になるような内容ではないが、
それでも認知度を広めるには十分で、
宣伝効果としてなら文句のつけようがない内容だ。

人々の中に工事業者といったら、
「たかしん興業」と思ってもらえる状態を作り出したのだ。


まさに異業種からのアイディアを
そのまま自分の業界に取り入れた
マーケティングの成功例といえる。

自分もこのような視点からアイディアを
閃かなければいけないな、と
そんなことを思い出させてもらえる興味深いニュースだった。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

「ポケモンGO」の人気の秘密はコレだ!

From:山川晃弘


先日に引き続き、今日は配信されてわずか3日、
もうすでに社会現象とまでなっている
話題の携帯アプリ「ポケモンGO」について。

前回は、ポケモンGOに対する
悪いイメージしか取り上げてなかったので、
今回は逆に良い点を、マーケティングの視点で考えてみようと思う。

まず、これがどういったアプリかというと、
アプリ内にあるカメラで街中を映し出すことによって、
特定の地点にいるポケモンを画面内で発見し、
ポケモンボールで捕獲してコレクションしていくというもの
・・・だと思う。(僕はやってないので、詳細は知らない)

この機能の特性上、
どうしても外に出なければならないので、
普段あまり外を出歩かない人々が外に出るきっかけになる。

これにより、当然、外食費や移動(交通)費などの
アベノミクスの弱点でもあった「個人消費」が増えることになる。

それによる経済の影響は決して微々たるものではないはずだ。

また、積極的に外に出ることによって、
他の人とのコミュニケーションツールにもなっている。

全く知らない人とでも、同じものをやっているということで
道端で情報交換をする(仲良くなる)きっかけを与えたり、
普段、会話とかをあまりしない家族(親子)もしくは、
中々子供と遊んであげられない親との
親睦を生むツールにもなっている。

また、配信時期も計算されているといって
間違いないくらい
子供が夏休みに入ったのとほぼ同時だ。

戦略的に見てもリリース時期が素晴らしい。


上記のアプリは、基本は無料である。

無論、それだと収入源がないため、
運営側はやっていけないので、
どうしているかというと、まずはゲーム内の課金。

アプリのユーザーがゲーム内で有利になるように
課金アイテムをゲーム内で購入することによって、
その資金が制作側に入るという仕組みだ。

そして、もう一つの収入源としては、
スポンサーとの提携がある。

これは、スポンサード・ロケーションと言われるもので、
実店舗を重要ポイントとしてゲーム内で設定することによって、
その実店舗まで足を運んでもらおうという内容だ。

これにより、スポンサー側は制作側にロイヤリティを支払う。

例でいうと、マクドナルドがすでに提携を実施している。

ハッピーセットなどでも、
すでにマクドナルドは子供向けにポケモン関連を提携しているが、
どうしても対象は子供だけに留まる。

しかし、もはや社会現象となっている「ポケモンGO」であれば、
ニュースを見る限り老若男女問わず、
色々な方がハマっているので、
単純に来店数が大幅にアップするということだ。

ちなみに店舗経営で一番難しいのは、
いかにして、お客さんに来店してもらうかである。

チラシなどでも目玉を引くようなあからさまな赤字に見える
商品もすべてこのいかに集客するのかを狙っているのだ。

その点を見事にカバーした素晴らしい戦略と言える。

ただ、何もこれは実店舗に限った恩恵だけではない。
使い方によって、例えば地方で提携などをすれば、
観光スポットやホテルなどをスポンサード・ロケーションにして、
町おこしにも利用できるのだ。

そして、海外でも日本のこのキャラクタービジネスに対して、
様々な国で一気に報道をされており、
それにより、また日本の文化が関心を集めている。

ポケモンGOに限らず、日本の誇るアニメ文化全体の
効果としても波及する範囲は大きいと期待されているのだ。


今回、実はポケモンの生みの親である
任天堂は制作をしていない。

アメリカにあるナイアンティック社と
日本の株式会社ポケモンによる共同制作で
任天堂は監修およびアイディアの提供という立場らしい。

ここで凄いと思うのは、
ポケモンと言うのはもちろん認知度が高く、
関連商品を売り出せば、人気が出るのはわかるのだが、

それでも今回のような社会現象ともいえる
ブームを引き起こしたのは、ひとえにアイディアによるものが大きいと思う。

それをやってのけた任天堂はやはり凄い。


そして最後になるが、やはりゲームの特質上、
常に携帯を見ながら街中を徘徊する行為になるので、
くれぐれも他人の迷惑と事故には十分に気を付けて欲しい。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
プロセレクション出版
【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

おとりを用意する

From:山川晃弘

昨日で完全に長期連休の人たちでさえ
終わった、長ったようで短かったGW。

ほとんどの日が天候が良く、
良い休みになったが、連休明けの今日は
各地で雨になる模様。

気温も今までと比べて低くなるので、
風邪を引かないよう十分に気を付けて欲しい。


さて、話をガラリと変えるんだけど、
今日は最近読んだ面白かった本から、
本の読み合わせ勉強会というのを兼ねて、
1つ情報をシェアしたいと思う。

ロジャー・ドゥーリ―(著)の
『脳科学マーケティング100の心理技術』という
本なんだが、

タイトル通り人間の脳の作りと心理技術を用いて、
我々マーケッターが実際に役立ちそうな
色々なマーケティング方法が100個も乗っている。

その中の一つに
「おとりの商品を用意する」という方法がある。

その一節を抜粋すると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「脳は絶対的価値を判断するのは苦手だが、
常に価値や利益を比較できる状態にある」

『予想通りに不合理』という本の中で、
著者のダン・アリエリーは雑誌の年間購読の
案内を用いた実験について述べている。

2つの被験者グループに、次に示す
『エコノミスト』の購読案内のいずれかを見てもらった。

案内A
■59ドル ウェブ版だけの購読(68人が選択)
■125ドル ウェブ版と印刷版のセット購読(32人が選択)
■予想される収益 8012ドル

案内B
■59ドル ウェブ版だけの購読(16人が選択)
■125ドル 印刷版だけの購読(0人が選択)
■125ドル ウェブ版と印刷版のセット購読(84人が選択)
■予想される収益 1万1444ドル

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

驚愕の結果なのが、わかるだろうか?

AもBもオファー(提供するもの)は同じで、
違うのは案内Bには「印刷版だけの購読」が
含まれているだけ。

どう見ても「印刷版だけの購読」は魅力がないので、
さすがに選択した人は1人もいなかったのだが、
「ウェブ版と印刷版のセット購読」を選ぶ
被験者が圧倒的に多くなっている。

実に62パーセント多くなり、
予想される収益も43%も増えているのだ。

つまり、
「印刷版だけの購読」はおとりで
セット販売の方が得だと思わせる役割を
果たしているのだ。


これはセット販売になるものなら、
何にでも使えそうな即戦力の方法だ。

例えば、飲食店などの
メニューをセットにする時にも使えそうである。

おとりのメニューを一つ用意するだけで、
セットメニューをお得に見せる
と言った使い方だ。

僕はこのやり方があるのを知ってはいたが、
効果がこれほどまでに高いというは
実に予想すらしなかったので、
心に焼き付いた。


こういった感じの面白い本なので、
マーケティングに興味のあれば、
読んでみても面白いかも。

別に商売とかしてなくても、
日常生活でも役立ちそうな情報も
載ってるからね♪

他の99個のアイデアはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1376865/618KEzfw/


≪感動する成果を実現するパートナー≫

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

勉強になった交流会

From:山川晃弘


今日は3月3日の記事で宣言していたように、
昨日行ってきた異業種交流会についてのお話し。

先日の記事で、
「とにかく人に会うことが大事」
というのをテーマに書いた。

例えセールスライターで
在宅勤務ができるとはいえ、
誰にも会わずに仕事ができるわけではない。

家の中に引き籠って、勉強していても、
クライアントから勝手に仕事が来るわけではない。

自分を知ってもらうという意味でも、
とにかく人のいるところに出なければならない。

ただ、
闇雲に色んな人に会えばよいというわけではない
ということが身に染みて理解できた経験となった。


そもそも異業種交流会というのは、
異業種の人と交流をして、
何かしらの仕事や人脈を獲得したいと
思っている人たちが集まる場所だ。

そういう意味では、
僕が参加する意味はあるのかもしれない。

異業種の方と会って、その人の悩みを一緒に解決するために
パートナーシップアドバイザーとして、
お手伝いをさせてもらうという仕事内容だからだ。

だが、ここには大きな盲点があった。

それは、

『同じことを考えている人しかいない』

全てがそうというわけではないのだが、
基本的には同業ばかりで、
コンサルティングを主にやられている人が
多かったのが事実だ。

別に
コンサルタントをコンサルティングすることは
おかしなことじゃないが、
悩みの解決策が違うので、そもそも目的が違っていた。

魚を釣ろうとしているのに、
魚のいない釣り堀に
糸を垂らしたような状態になってしまっていたのだ。


要は、悩みを抱えている人を探したいのであれば、
悩みを抱えている人が集まる場所に行かなければならない。

悩みを解決したい人は、異業種交流会で
仕事を取ったり、人脈を作ろうとしたりするのではなく、
その悩みを解決するセミナーや勉強会に参加するのである。

なので、
そもそも参加する場所が間違っていたことになる。


でも、まあ、全くの無駄骨というわけでもなく、
そういう意味を気付けた良い機会の場でもあったし、
まったく成果がなかったわけでもない。

中には、同業であるからこそ、
そのやり方や考え方などについて非常に勉強にもなった。

また、弁護士の方も意外と多く、
今まで全く知り合いにいなかった方たちなので、
そういう方たちとも交流できたことはとても幸いであった。

多少なりとも、当初の目的である
Facebook友達を増やすことはできたし、

出会った人の中には自分のクライアントで、
僕が力になれそうなことで悩んでいる人がいるとのことで、
是非、紹介したいとも言ってくれた。

社交辞令なのかもしれないが、
フォローしてみる価値はありそうだ。

ただ、本当に僕が手伝うことで
その人の悩みを解決できるかどうかは
会って話を聞いてみないことにはわからないのだが。

でも、行動したことに全くの無駄ではなかったと
思えるイベントにはなったので、
やはり行動する前からダメだと決めつけて
考えを辞めてしまうよりは良かったといえる。


山川晃弘

メルマガ登録
集客の役立つ情報を無料で提供するメルマガ講読は ※こちら※ から
プロフィール

Author:山川晃弘
集客代行コンサルタント
セールスライター

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。