スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格的にアレがやってくる…

From:山川晃弘


梅雨に入ってきただろうか。

気象庁によると、関東甲信越では
6月5日に梅雨入りを発表している。

何だか5月より肌寒い日が多い。

特に日中と夜との寒暖差がある気がするので、
日中が晴れて、暑く感じた日でも、
夜、薄着になって寝ると、
朝方、なかなかの肌寒さを感じる。

こういう時は風邪を引きやすいので、
十分に気を付けて欲しい。


とはいえ、日中の最高気温も
30度までは上がらないので、
エアコンが必要と言うほどではない。

加えて、湿度が凄いというわけでもないので、
ドライ運転の必要もない。

もしかしたら、この地区の
自宅の環境だけかもしれないが、
比較的過ごしやすくて助かっている。

僕はかなりの暑がり(冬生まれだからか)なので、
冬のエアコンより夏のエアコンを多用するのだが、

去年は8月のお盆過ぎには、
一気に気温が落ち着き、
9月も残暑が無いと思えるくらい
過ごしやすい日が続いていた。

さらにブログでも以前に書いたが、
自宅の構造上の都合で、
今年の冬はこたつオンリーで過ごせてしまったので、
約10カ月近くエアコンを使わずに生活している。

電気代が節約できてお得である。


ただ、この梅雨が過ぎると
本格的に暑い夏がやってくる。

期間が短いことは去年みたいにあるかもしれないが、
猛暑日(35℃)を超える日が無いというのは、
今の現代ではありえないのではないだろうか。
(地方にもよるかもしれないけど・・・)

昔は10月の体育の日がある月に小学生は運動会をしていたが、
今は10月でも残暑が凄いことがあり危険なので
5月後半に行う学校が多くなったのも、このためである。

良くご年配の方で、
エアコンの風が苦手で
あまり受けていると体調を崩すからと言う理由で
家にエアコンがあるにも関わらず、稼働させない人がいる。

だが、近年の熱さは昔とは違い、
最高気温も高くなっているので、
実際に室内にいたとしても、
熱中症で倒れて、最悪亡くなってしまう人もいる。

脱水症状も同じだ。

言い方は悪いが、
体調を崩すだけならエアコンを稼働させてほしい。

本人にとってはつらいかもしれないが、
室内熱中症や脱水症で命を落とすよりは遥かにマシだ。

今は例え室内や何かの建物などの陰にいたとしても、
涼しいとは頭で感じても、
体からは水分が著しく奪われていることがあるので、
こまめに水分補給を忘れないでほしい。

極端な話、外を出歩くときは
帽子を被る、サングラスをする、など、
昔はやっていなかった人も
意識的にやるようにするくらいで
ちょうど良いのかもしれない。

大袈裟かもしれないが、
近年の夏は死の予感すら感じさせる。
(苦手なのもあって・・・)


【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

スポンサーサイト

あなたの命の価値は?

From:山川晃弘


先月の後半に、いつも行っている
仕事関係のメンバーで開催している交流会があるのだが、
主催の方の紹介で、ある心理カウンセラーの方を紹介いただいた。

その心理カウンセラーの方はちょっと特殊で、
もちろん、うつ病や悩み、自己実現などの
カウンセリングも行うのだが、
凄いのは、言葉を使って病気の癌なども治すことができるらしい。

末期癌でさえ救ったことがあるらしいのだ。

他にも、慢性的な病や原因不明の病、
白血病、不妊、アルコール依存症、発達障害、失明などにも
治療してきたらしい。


さすがに刃物で切り付けられた、
といったような外的要因は無理かもしれないが、

その心理カウンセラーの先生曰く、
上記のような内的な要因によるものは、
病気の当事者の気の持ちようにもよるとのことだ。

全ての人がそうではないかもしれないが、
本人の自覚していない潜在意識(無意識下)では、
その病気を望んでしまっているということらしい。

例えば、、、
病気になれば、周りから気遣ってもらえる、
優しく対応してくれるのが嬉しい、といったことが、
本人の自覚していないところで起こっているため、

その病気を無意識で望んでしまい、結果、
その病気を発症し続け、
そのままその病気が原因で死に至ってしまう。

まさに「病は気から」である。

そういった方を治療する際は、
本人が治したいと望んでいないことがあるため、
説得するのにセッションはとても苦労するらしい。


心理カウンセラーの先生曰く、
こういう時は意識レベルを上げることによって、
回復に向かっていくとのこと。

意識レベルと言うのは、
「パワーか、フォースか 人間のレベルを測る科学」という書籍にて、
著者であるデヴィット・R・ホーキンズ博士により公開された、
人や物など万物を対象とした、
それが持つ精神レベル、またはその段階を図る測定方法のこと。

詳しくは『意識レベル』で検索してみてほしい。

ざっくばらんに説明すると、

意識レベルが高ければ、
悟りや愛など言った
自分や他人さえも満たしたいという純粋な状態になっており、

逆に意識レベルが低ければ、
嫌悪や絶望などと言った負の感情が強い状態になっている。

それぞれには段階があるため、
負の感情の中でも、段階を踏むことによって、
徐々に意識レベルを+の方へ上げて行き、
快方に向かわせることができるとのことだ。

確かにこれで治すことができるのであれば、
手術などをして体を傷つけることなく、
治療もできるので、
もう手術を受けるだけの体力のない人にはとてもありがたい。


だが、こういったものは価値を伝えるのが難しい。

科学的に証明されるわけではないので、結局は
信じるか信じないかによるところがあるかもしれない。

だが、結果的には命を救うという、
もっとも尊いものではないだろうか?


もし、あなた自身もしくはあなたの大切な人が
不治の病にかかり、医者には匙を投げられた時、
あなたならこの治療方法にどれだけの価値を感じるだろうか?

僕は小中学生のころ、漫画でよく手塚治虫先生の
ブラックジャックを読んでいたせいもあって、
他に手がなく、本当に心から治したいと思うのであれば、
その価値は全財産を投げ打つくらいの価値があると思っている。

でなければ待っているのは死だ。

ブラックジャックは強欲なのではなく、
それくらいの意気込みを見せてほしいために
そう請求しているのだ。

もしかしたら人によって、
そんなの無償でやれよという人がいるかもしれない。

実際にボランティアに近いから、
無料でやってほしいと先生は
患者の中から言われたこともあるらしい。

だが、僕の職業柄から言わせてもらうが、
人は無料では価値を感じない。

もし仮に無料でやって治ったとしても、
それは自分のおかげだと錯覚し、
感謝されることはないだろう。

そして、無料でなかったとしても、
低すぎても価値を感じず、
逆に怪しささえ覚える。

医者も匙を投げた症状を
言葉で治しますよ、100円で。
といったところで誰も反応しないだろう。
(ちょっと極端なので、1万円でも良いけど…)

人によって価値が違うので難しい問題ではあるが、
僕は職業柄、価値を高く感じてくれる人だけを
お客さんにすれば良いと思う。


【結果に責任を持つスペシャリスト】

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

睡眠時間の大切さ

From:山川晃弘


先日、あるTV番組を見ていたら、
平均睡眠時間が6時間を切る人は、
平均7~8時間の睡眠を取る人に比べると、

なんと4~5倍も死亡率が跳ね上がるとの
結果が出ているという海外の調査を報告していた。

また、違う報告では、
音楽家、演奏家などの一流のプロや
スポーツなどの一流アスリート達は、

寝る間を惜しんで練習しているのかと思いきや、
睡眠時間を7~8時間きっちり取って、
起きている時にベストコンディションで
3~4時間、集中して練習しているという。

それが最も効率の良いやり方らしく、
それ以上やることには意味がないどころか、
却って逆効果になるらしい。

睡眠時間を削るなど、もってのほかだと言うのだ。


あなたの睡眠時間はどんな感じだろう?

ちなみに僕は自他ともに認める、中々の睡眠障害を抱えている。

寝具には相当こだわっているにも関わらず、
ちょっとの音(イビキとか夜中に走る車の音とか)でも、
寝れなかったり、途中で起きたりしてしまう。

また、どんなに疲れていても、
長時間目が覚めないということはあまりなく、
3~4時間くらいで必ず一度、目が覚めてしまう。

そうなると、後はうなされながら、
大体6時間切るくらいの平均睡眠時間になっていたのだ。

それが習慣に近い形になっていたのだが、
やはり体には良くないというのが、
ここ最近は、仕事柄か年のせいなのか、
身に染みて分かるようになってきた。


僕はセールスコピーライターなので、
書くことが仕事なのだが、
実は書くことには、ものすごくエネルギーが必要になる。

なので、一番体力やエネルギーがある
朝一もしくは午前中に書くようにしているのだが、

当然なのだが、睡眠不足だと寝起きだろうが、
頭は上手く働かず集中力も散漫になっている。

酷い時には、寝起きから疲れ切っていて
手が付けれらないことすらある。

先日、メンターの方に言われて、
どんなに忙しい中でも
「睡眠時間だけは7~8時間は取れ」

と言われ、
可能な限り守るようにはしていたが、
それでも平均は7時間を切っていたと思う。

なんでこんな話をしたかというと、
実は今日は朝から、今持っているコピーの仕事の
ライティング作業と決めていたので、

久しぶりに今朝は、
無理矢理にでも体を8時間横にしてから、
起きてみたのだが、今朝は頭の働きが
いつもと違っているのがわかったのだ。

頭の働きもそうだが、やっぱり体の方も楽で、
今日はとても仕事がはかどった一日となった。

相変わらず、途中で何度か目は覚めていたのだが、
それでも体を横にするだけでも意味はあった。

加えて睡眠の黄金時間と言われる、
22時から2時までの4時間の間に
どれだけ寝られたかによって睡眠の質が違うと言うのも
体感して本当に重要なことだと思っている。

わかってはいるのだが、
やはり生活をしていると必ず守れる日は少ない。


あなたも睡眠時間が足りておらず、
ちょっとでも調子が悪い兆候が見えれば、
せめて、大切なことや重要なことを翌日に控えている日は、
体を横にして寝ている時間を増やそう。

やっぱりそれだけで、相当体は楽になるし、
結局はその後に仕事をした方が、
とても効率の良い仕事ができる。

少なくとも、僕はマジで実感できている。

睡眠ってやっぱり大事…。
時間だけ聞くともったいない気がする(少なくとも僕は)が、
一日の3分の1は睡眠に費やそう。

健康にも仕事にも良い影響を与えるから。


≪感動する成果を実現するパートナー≫

パートナーシップアドバイザー
セールスコピーライター

山川晃弘

あなたはきちんと取ってる?

From:山川晃弘


昨日とは明らかに違うのがわかる。

いきなり何言ってんの?
ってなるかもしれないが、

実は昨日、久しぶりに思いっきり体調が悪く、
朝起きてからだるさが半端なく、
途中から頭痛もし出して、
朝からかなりまいっていた。

昨日はこの毎日の記事を書き終えたら、ベッドへ直行!
という状態で、そのまま夕方くらいまで
食事も取らず休息していた。

夜になって、さすがに胃の中に無理やり
食べ物をいれたが、
相変わらず頭痛は取れず、だるさもひどくて、
明日大丈夫だろうか…と本気で思った。

日中さすがに寝まくったので、
あまり眠たさはなかったが、
それでも体を休めるために早めに就寝。

夜中に何度からうなされたような気がするが、
朝起きてみると、頭痛とだるさは取れていて、
どうやらインフルエンザとかの兆候ではなかったらしい。

正直、ホっとした…


多分だと思うけど、季節の変わり目とか
急激な気温の変化とかではなく、
単純に疲労が溜まっていたのではないかと思う。

やっている仕事があまり好きじゃないとか嫌々だと、
結構体調には敏感になるのかもしれないが、
好きな仕事とか、あまり気にならないという人は、
ある日突然、体が悲鳴を上げるという、
似たような経験をするのではないだろうか?

自分は何かしら毎日、仕事に関することをしていたが、
朝に集中させるタイプなので、
昼からはまったりとできる仕事を選び、
夜に至っては頭と体を休めるために、
あまり考えるような仕事をしない。

せいぜい、メールなどの連絡事項を確認する程度だ。

とはいえ、体は正直で、
どこかしら無理がたたっていたのかもしれない。
もしくはただの生活習慣の問題かもしれないが、、、


今回のことで実感したのは、
自分が考えているより、
体はずっと正直で見えないところで疲れているということ。

単純に肉体的な疲労だけでなく、
精神的にも疲れているのではないかということ。

労働時間は長くないから
休まなくてもOKなのではなく、
見えない、わかりづらいところで
精神的にも疲れているんじゃないかと考え、
しっかり休みを取らなければならない。

でないと、結局は誰かに迷惑を掛けるか、
休んでおけば起こらなかった損も引き起こしてしまう。


あなたも忙しい毎日を送っているだろう。
気持ちはわかるが、
それでも今日、もしくは今週は
比較的余裕があって休める機会があるなら
今後のために休んでおこう。

肉体的に疲れているなら、
たまになら一日中寝ているのも一考。
もったいないと思うかもしれないけど、
後から倒れたらもっと時間がもったいない。

肉体的にはそんなに疲れておらず、
精神的に参っているかもしれないと思うなら、
たまには日帰りの旅行や買い物に出掛けて
ストレスを発生させるのも良いのではないだろうか?


山川晃弘


注意!こんなことにはならないように

From:山川晃弘


ここのところ、疲れが取れない。

今、この記事を書いている時もそうなのだが、
かなり頭が朦朧としてる。

最近は疲れが取れない日が結構あって、
今話題の水素サプリを飲んで
疲労の回復をしていたりするのだが、
ある程度回復はするが、追いついていない状態だ。

確かにここ一週間ほど、
動き詰めだったような気がする。

特に今日は状態が酷く、
朝から寒気が酷く、震えが止まらない。

いつもは風呂上りくらいしか
着ないベストを普段着の上から着用して
何とか寒さを凌いでいる状態。
(部屋の温度20度あるんだけど、、、)

今朝は特別寒いのか?と思ったが、
天気予報などで気温を確認するにさほど変わらない。


僕は風邪などの予兆があると、
必ず耳鼻咽喉のどれかが前兆があらわれ、
普段はあまり睡眠時間を取らない人間なのだが、
とてつもない眠気に襲われる。

今回のケースは耳鼻咽喉に
特に前兆は見受けられないが、
とにかくだるさと眠気がすごい。

記事の途中で何度も手が止まって、
頭が倒れそうになる。


今日は記事内容が短くて申し訳ないが、
月並みのセリフだけど、
みんなも体調管理には気を付けてほしい。

例え熱がなくても、
例え風邪の前兆がなくても、
少しでも体調に家編を感じたら、
体を休めるか病院へ行ってほしい。

今年もインフルエンザが猛威を振るっているし、
もうすぐ花粉も本格化してくるだろう。


さすがに、僕も今日は休むと思う。

不断なら午前中は一番頭が働くので、
一番効率の良い仕事をもってくるのだが、
さすがに頭が回らない。

しかも、
明日は大事な打ち合わせがあるので、
はっきり言って今日、無理する必要はない。

僕の場合は、焦りなどからくる気疲れが原因かもしれないが、
さすがに今日はおとなしくしていようと思う。

朦朧とした中、書いているので、
変な表現になっていたら、申し訳ない。


明日、今日の記事を見返したら、
体調悪い時の記事ってこんなに
酷いのか、、、と我に返るかもしれない

体調戻ればだけど、、、


山川晃弘
メルマガ登録
集客の役立つ情報を無料で提供するメルマガ講読は ※こちら※ から
プロフィール

山川晃弘

Author:山川晃弘
集客代行コンサルタント
セールスライター

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。